茶の間でおま。

本とかテレビとか宝塚とか。

森博嗣「ψの悲劇」(23)

ラストシーンでめちゃめちゃ鳥肌立ちました怖かった。ゾッとした。

館ものの密室連続殺人事件でも始まるのかとおもったのに中盤あたりでようやくこれがSFものだと理解しました。腑に落ちて一気におもしろくなった。シリーズものとしては島田さんくらいしか登場人物がいなくて、真賀田四季の名前は出てくるけどそれはもはや概念だし、なるほどGシリーズ後期三部作は島田さんのシリーズなんですね。そしてWシリーズへと続く、と。ちょっと待って、わたしWシリーズなんて知らないんだけど。百年シリーズはちょっとは読んだ。ウォーカロンも聞いたことある。っていうレベルなのでどれがなんの布石とかぜんぜんわかんなくて何もピンともこないのがざんねんですけど、たぶん支障ない。たぶん。Yの悲劇とかどんな話だったっけ・・・(ポンコツ

プロトタイプって試作品って意味だとおもってたんだけど、どうやらオリジナルってことだよね?原型って意味なのかな。脳のアルゴリズムをコピィしたロボット(ちょっとなに言ってんのかわかんない)が人口の激減した街を闊歩してる様子はうすら寒くて不穏。プロトタイプを同じとするロボットが幾体もあるってことだよね?その中で唯一の存在になりたいと願うロボットによる殺人。猫殺しと毒殺未遂事件の真相は、ここまで来たんだな、って感じでした。ほんとうにゾッとしたなぁ。鳥肌がまだ消えないよ。

Gシリーズは次作で完結するそうですが、いったい?なにが?完結するというの??というきもちでいっぱい。わたしは赤柳さんの正体が知りたいです森先生・・・

(追記)

八田博士がへっくんなのではという説を見かけて(あのプロペラはへっくんの飛行機好きというアレなのではと)では奥さまは彼女~~~!?ってめっちゃ楽しくなったので実はそうでなくてもいいです。でもそうだと楽しい。やっぱりS&Mから始まったサーガだものね。

6月の記録

・おさラブ効果でトライ・エイジがバズった。ブレイクしてる~って実感した。トライ・エイジはいいぞ。

・「海街diary

是枝監督作品は「誰も知らない」そして父になる」に続いて三作品目。「誰も知らない」がトラウマになるレベルだったので少し警戒したけどだいじょうぶだった。綾瀬はるか・まさみ・夏帆広瀬すずが四姉妹とか誰のドリームか。なんというおっぱい姉妹!!!!!浴衣着たい。

・ドラマ

春クールとても充実してた。一番はモンテクリスト伯で次点がコンフィデンスマンかな。おディーンさまとまさみが主演賞です。

「コンフィデンスマンJP」

「シグナル」

「正義のセ」

「未解決の女」

モンテ・クリスト伯

おっさんずラブ

「ブラックペアン」

「ミューブ!」

「宮本から君へ」 

 

・「男子旅」~北海道・トマム

2018年3月にオンエアされたものの再放送~。なんでわたし本放送見てなかったの?あっちゃんが中村倫也くんとマブダチだってこと思い出した。また共演してほしい。浅利陽介くんとあっちゃんは「クレシダ」での共演が印象深い。同世代の俳優たちのオフの姿がとても素敵だったので、このメンツで「ボクらの時代」やってほしい、もっとお芝居について語ってほしい!!っていうかなんで初恋トークだったの!?!?(逆ギレ)っていうか浅利陽介くん既婚者なの!?!?(混乱)そしてヒーロードラマの主演をしたことがある、ってちゃんと紹介されてたことに感動した。さいきんなかったことにされてるのものすごいさびしいよね。

 

・2017年宙組「王妃の館/VIVA!FESTA!」

まあ様に北白川先生をやらせようとおもったひと天才かな!愛ちゃんにヅラかぶせようって決めたひと天才かな!あっきーさんのぶっきら棒で朴念仁っぽい刑事さん(白のスニーカーがさいこうに素敵だった!)もりくくんのオカマも意外性にあふれててそのチャレンジなところがよかったー。ショーは噂のソーラン宙組見られて楽しかった!

・1983年月組バウ公演「恋と十手と千両箱」

ウタコさんの初バウ主演作品です。古い映像でところどころ色がおかしかったり何もないところを映していたり挙句の果てにラストシーンが映像ではなくてモノローグで終わっていたりとちゃんとした映像じゃないんだけどその分とっても貴重なのが良くわかる。しかも関テレ映像だった。劇団は自前で映像を持ってないの・・・?ちゃんとして。この時からウタコミミコンビだったんだなー。そして研3のかなめさんがババーンって大写しになったりしてすでに原型はできてたんだなって。いないのわかってるのにめんたんの姿を探しちゃうよね(まだ入団前です

・2015年雪組バウ公演「銀二貫」

れいこちゃんのバウ初主演作品ようやく見ましたー。のっけからのみつるさんが銀二貫でこの仇討ちを買わせてくれというくだりですでに号泣です><筋もオチも全部知ってるから、だから余計に沁みたのかも。なかなかに駆け足だったからこれは原作読んでからのほうがよかったパターンだったのでは??お侍さんが丁稚になって背負ってきたものを捨てるということの難しさや、番頭さんの天神さんに寄進することへのこだわりとか、銀二貫という大金が何度もめぐり巡ってくる時間の経過はやっぱりお芝居だけじゃわかりにくかったんじゃないかな。あのエンディングの年寄りふたりが「安い買い物でしたな」って言う場面はほんとに声を上げておんおん泣いたんですけど、これを劇場で観てたらいったいどんなことになってたんだろって戦きました。しんぱいしてた全編大阪弁がほぼ引っかかることもなくて(大阪弁モンペ)さぞ苦労されたであろうとこれまた感動。配役が発表された時にはみつるさんと英真さんは逆では???っておもったけどみつるさんのだんさんがほんっとにすばらしくて、みつるさんが専科でいらっしゃることに感謝しました。よき前例とならんことを。期待のまちくんはその期待を裏切らないチャキチャキの手代っぷりではよまちくんに番頭さんのお役をという想いをつよくしました。とても素敵なお芝居だった。たくさん泣いたーー。

 

・「あにいもうと

めっちゃ泣いた><><><お芝居を見たって感じがした。シスコン兄ちゃんのメンタルがよく理解できなかったんだけど、ふたりだけで成立してる世界で傍観者でいるしかなかった末っ子ちゃんがグレずに素直でいい子に育ってほんとによかったよ・・・べつに末っ子ちゃんだけ橋の下で拾ってきた子とかじゃないよね?????大型トラック運転したり乱暴な言葉遣いで顔に怪我するくらいの取っ組み合いの喧嘩する宮崎あおいちゃん新鮮だったしびじんだった。びじんだった。太賀がこれまた見たことないインテリジェンス系な役だったのも新鮮だった。ふたりの恋の説得力がもうちょっとほしかった。相手の迷惑になるからって勝手に身を引くのはいいけど何も知らされてなかった太賀がフルボッコに遭うのは理不尽では????しかし特筆すべきはサブちゃん役の七五三掛龍也くんです!名前が読めない!!! めちゃめちゃよかったよ~~いい子だよ~~あのビジュアルで恋に億手で親方や兄貴の言うこと素直に聞いて思いやれるのほんっとに絶滅危惧種では???保護しなくちゃ!!

 

・買ったもの

TV Bros.2018年8月号」

ミーハーなので買ったw天邪鬼の極みなのでどうしてもおさラブを全肯定できないんだけど、ほかの役者さんたちと一緒に楽しいお仕事ができたんだなーっていうのはわかるからこれが代表作だっていうのもやぶさかではな・・・いことはないかなやっぱり!!やぶさかだよ!!!ご本人がさいこうの仕事した!でももう終わったことだから!ってちゃんと切り替えてることに安心する。そりゃいつも何本も台本抱えてるようなひとだものね。そういうところがプロだよね。後はファン側の問題。実現しなかったら恥ずかしいから監督のリクエストはしないとかこうやってブームが来てオファーが殺到するんじゃないですか~って言われて全然来なかったらカッコ悪いからとか言っちゃうのそういうの。役作りはしないっていうのも興味深かったけど、わりとエキセントリックで役者バカな人だろうなーっていう認識なのでだいぶ煙に巻いてる印象。「素」っぽく見せてまるで「素」じゃないんだろうなーって思えちゃうのが恐ろしいところ。白井さんが言われてたけど、あんまりビジュアルも変わんなくていつも同じ田中圭ちゃんなんだよね、役の輪郭を作らない。なるほど。「俳優でい続けたい」って言葉に、やっぱりすきだなーってあらためて。 

2017年月組「グランドホテル」新人公演

公演アナウンス前の幾重にも重なる声がとてもクリアに聞こえた。本公演ではその重なり具合がすばらしくかえって聞き取れなかったセリフたちなんだけど、それが明瞭に聞こえることの是非。さざなみのように広がるロビーの雑音。あれは聞こえなくてもよかったのだなとおもった。

噂のゆのゆのがみやさまの完コピだった。持ち味もビジュアルもまるで違うのにほんとうにそっくりで、わたしはみやさまのオットーがほんとうにだいすきでだいすきでだいすきなんだけどそれを真似していながらもまるで違和感がなくてとても自然体だったことがすばらしかった。よかった。本公演と比べるっていうのはあんまりしたくないんだけど、贔屓目こみこみで言うとラファエラとエリックとフラムシェンはれんこんちゃんとはるきゅんとかれんちゃんが一番しっくりきました。はるきゅんは声がいいんだね。男役たらんと不自然に低い声を出すでもなく、おかしな声色を作ったりするでもなく、発声に違和感がないのはとても大きい武器じゃないかな。それはれんこんちゃんも同じかな。男役にとってだいじなのはビジュアルや所作もあるけど、声もそうだなーって若手を見るとよく思う。「Bow Singing Workshop」で聞いた歌は手に汗にぎったものだけど(同じ時期に宝箱でひびきちゃんが「夕映えの飛鳥」を歌って界隈で物議を醸しだした)(ただの偶然だということに落ち着いたけどそんな偶然ある?????????)ヤングエリック誕生時のあのエリックのソロは胸打たれた。お芝居で歌うはるきゅんを初めて見た。とし子センパイが心を動かされたというのもきっとここじゃないのかな。この世界はきみのもの。とてもやさしい表情でやさしい声で歌うはるきゅんに泣かされた。声がやさしいんだよね。ハロー、我が息子。ようこそ人生へ。人生はすべておまえのもの。シガレットケースを受け取った後、後ろを向いてかかとを鳴らして、右手を上げてそれから「クリンゲライン閣下にお車を!」っていうその姿で号泣しました。素敵な晴れ姿。ここはエリックの一番の見せどころだったんだなってわかる。グランドホテルという物語は群像劇ではあるけれど、やっぱりオットーが主役だったんじゃないかなって、あらためてそうおもいました。ライトの当たらないところで一人回転ドアを回すありちゃんの姿にも胸が熱くなる。この人たちは来るべき月組の未来だ。ああ、楽しみだなあ・・・!

ぐっさんとやすちゃんとギリギリとつっちーの達者ぶりももちろん。ともくんスキーなのでひびきちゃんのベル・キャプテン役だったのうれしい。だーちゃん君ももういないのか。