読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茶の間でおま。

本とかテレビとか宝塚とか。

FNSうたの春まつり2017

やだー月組子ちゃんたちが地上波に・・・!! まさか4時間番組の大トリだとはおもいませんでしたけれどもね^^ほんとにみんなおつかれ!でもすんばらしい燕尾見られたし画質最高だし地デジ対応してるタカラジェンヌって地上に舞い降りた天使だったしなんたって…

「カルテット」最終回

終わったーーーー!! リアタイしてドラマを見る楽しさを味わえたドラマでした。やっぱり連ドラはリアタイしてなんぼだとおもうから。とっても楽しかったー。よいカルテットでした。 最終回はともかく「ゆたかさん」「つかさくん」っていうアレですよね。な…

道尾秀介「サーモン・キャッチャー」(19)

道尾秀介×ケラリーノ・サンドロヴィッチ。 サーモン・キャッチャー the Novel 作者: 道尾秀介,concepted by 道尾秀介×ケラリーノ・サンドロヴィッチ 出版社/メーカー: 光文社 発売日: 2016/11/17 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (4…

有栖川有栖「狩人の悪夢」(18)

火村シリーズ最新作、待望の長編!! 狩人の悪夢 作者: 有栖川有栖 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2017/01/28 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る という帯の文句にすら泣けてくる。火村センセイ尊い。って軽率に言いたくなるくらいに…

CAFE BREAK#779「宇月颯」

見ましたーーー。>多謝

「カルテット」#9

まきさーーーーーーーーーーーんん!!!! わたしようやくまきさんと分かり合えた気がする。新しい自分になりたくて家族がほしくてだから一番大事なのは家族で、自分の好きなことやりなよって旦那はもどかしくおもってたこともまきさんにとってはぜんぜん大…

「モンゴル野球青春記」

石田卓也くんが始動するということで映画のサイト*1見て、わたしモンゴル野球のDVD買ってないわってことを思い出しましたwごめんなさいwwwすぐ買いました! 石田卓也くんが野球をするというすばらしい映画でした。 モンゴル野球青春記 [DVD] 出版社/メー…

新藤冬樹「ホームズ四世」(17)

ホームズの孫もワトソンの孫もモリアーティの孫もみーんな日本にいましたー、ってお話でした。 ホームズ四世 作者: 新堂冬樹 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2016/08/10 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る そんなわけあるかーーーーーー…

湊かなえ「山猫珈琲」上下(15)(16)

湊さん初のエッセー集読みました。 山猫珈琲 上巻 作者: 湊かなえ 出版社/メーカー: 双葉社 発売日: 2016/12/21 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (1件) を見る 山猫珈琲 下巻 作者: 湊かなえ 出版社/メーカー: 双葉社 発売日: 2017/0…

竹本健司「涙香迷宮」(14)

ミステリランキング本を読もうキャンペーン。 このミス1位、早川2位、本ミス4位、文春3位。 圧巻でありました。 涙香迷宮 作者: 竹本健治 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2016/03/10 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (8件) を見る いやもう何を言っ…

スカステつれづれ

・ちゃぴこさんのときめキュン 動いてる運転手さんをありがとうございます;;貴重な映像をありがとうございます;;しかし落ち着いてよく見てみるとあそこで胸元寛げてるのやっぱりおかしいね?足元はばっちりブーツ履いてるのおかしいじゃん?それなら靴下…

「カルテット」#8

「片思いは一人で見る夢」とか「興味のない人からの告白は夢の話とおなじ。へー、でしかない」っていうセリフを言わされ、すずめちゃんのためにたこ焼き買って帰ってほんで「好き」って言葉をむりやり言わせて、でも冗談だよって言えばそれはなかったことに…

「告白」

ちょうど湊さんのエッセー集を読んでるところなんだけど、いつまでたっても「『告白』の湊かなえ」と言われることに対する思いが興味深くて、映画を見てみてもやっぱりこのデビュー作の衝撃というのは湊さんにとって一生の宝物で、それは大事にしていいんじ…

「かもめ」

見たかった田中圭ちゃんと満島ひかりちゃんが共演した「かもめ」がEテレでオンエアされたやつ見ましたー。 youtu.be ボロボロのお洋服を着てひたすら愛を乞う彼のさびしさとツラさがとても痛かった。愛してると言ってくれた彼女は都会からきた有名人に夢中に…

「東京タラレバ娘」#7

ほんとにクズ男丸井が無理すぎてむりーーー。 なに産後クライシス??ごめんそんな言葉初めて知ったわ。 っていうか旦那がksすぎて殺意しか芽生えない。 バレなきゃいいけど、どうしてバレるようなことをするのかと腹立たしさしかない。なので主な筋のところ…

「ALL FOR ONE」主な配役発表

不意打ちで「主な配役」発表があっていやもうビックリしたーーー。

西澤保彦「悪魔を憐れむ」(13)

タック&タカチシリーズの最新作ー。 悪魔を憐れむ 作者: 西澤保彦 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2016/11/23 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (8件) を見る おおよそのキャラ設定くらいしか覚えないけど無問題。ボンちゃんが教師になるのはうっす…

「カルテット」#7

わーーーーん、まきさんがすずめちゃんの手をふりほどくために言ったセリフがだめだったーーーーー。 あの状況で、そういうセリフが出てくることがおぞましかった。 やだ。 人の欲求とはそこまで醜悪なのかと。 あと本を火に投げ込むところと、落ちてる紙を…

2月の記録

・「おんな城主 直虎」#5~ 高橋一生くんやっとキターーー!!諦めることに慣れきった人の、その諦めの表情がせつなかったです。ほしいものはぜんぶあきらめてきた。その抑圧されたこころがいつか昏い方へ向かいませんように(史実は知らない)父上のように…

「東京タラレバ娘」#6

なんだこの「カルテット」とのリンクっぷりは・・・とふるえました。 夫婦(とかカップル)で趣味を共有するのは危険だって何度言えば。何より相手の好きなものを否定するなんて言語道断。もこみちはたぶん完全に趣味が一緒のひとでないと暮らせないとおもうよ…

近藤史恵「ヴァン・ショーをあなたに」(12)

シリーズ第二弾読みましたー。 ヴァン・ショーをあなたに (創元クライム・クラブ) 作者: 近藤史恵 出版社/メーカー: 東京創元社 発売日: 2008/06 メディア: 単行本 購入: 2人 クリック: 20回 この商品を含むブログ (81件) を見る そういえば前作で金子さんの…

「ラ・ラ・ランド」

■わたしのスペック ・茶の間のヅカオタ。前世紀から見てるけど四半世紀のブランクがある。 ・ミュージカルに免疫はあるし、ミュージカルを映像で見ることにも慣れてる。 ・古い映画には詳しくないしミュージカル映画にも詳しくないしヅカ以外のミュージカル…

近藤史恵「タルト・タタンの夢」(11)

絶賛ワインブーム中なのはこのシリーズのせいです。一冊につき一本のペースで空けてる。今は赤のきぶん。 タルト・タタンの夢 (創元推理文庫) 作者: 近藤史恵 出版社/メーカー: 東京創元社 発売日: 2014/04/28 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (14件) …

「相棒15」#16

野間口くんとあっちゃんがゲスト共演すると聞いてたのしみにたのしみにしてたやつ見ましたー。 まさかの開始5分であっちゃん退場?ただの死体役??うそだろ・・・???またわたし出る出る詐欺に遭ったの????と愕然としましたが。 が。 特殊な役であるとい…

「カルテット」#6

わーお、世紀のすれ違い夫婦。 性格の不一致ってほんとにあるんだなという事例。わたしはだいじなのは笑いのセンスがいっしょかどうかってことだって思ってるんだけど、つまりそういうことなんだとおもう。まあでもね、そもそもね、夫婦は夫婦であって恋人で…

スカイ・ステージ・カレッジ~月組トークライブ~

おもしろかったです。

スカステつれづれ

・Dream Time#46「彩凪翔」 まちくんがかわいい。ひとこがかわいい。まちひとが孫。なぎさまかっこいい。なぎさま関西弁喋る人だって知らなくて迂闊にときめいた。まちくんとあすくんの関西弁似てるのわかる気がする。っていうかまちくんとあすくんのイメー…

綿矢りさ「私をくいとめて」(10)

おもっしょかったー。 私をくいとめて 作者: 綿矢りさ 出版社/メーカー: 朝日新聞出版 発売日: 2017/01/06 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る 表紙のテイストがまるで中身と合ってないやつです。一人で観光客相手の食品サンプルつくる講習…

「東京タラレバ娘」#5

「来ちゃった」じゃねええええよおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!この不倫男が!!!はあああ!!!???ばかじゃね????こどもがいるって言ったらつきあってくれなかったでしょとかなにふざけたこと言ってんの???寝言は寝て言えっっ…

近藤史恵「マカロンはマカロン」(9)

ヅカオタ同志の近藤さんの新作読みました。 マカロンはマカロン (創元クライム・クラブ) 作者: 近藤史恵 出版社/メーカー: 東京創元社 発売日: 2016/12/12 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る またもやうっかりしてて気づかなかったんです…

ぽっぷあっぷタイム#53月組「グランドホテル/カルーセル輪舞曲」

伯爵夫人とジゴロのおふたりがならった社交ダンスの先生に男性役してもらって踊ってもらったっていったいどういうことですか。 とし子センパイ伯爵夫人の座をねらってるの・・・!(やっぱり うるわしのジゴロさまとワルツを踊るとし子センパイとか見たすぎるの…

「カルテット」#5

クドカンかよおおお!!!! ここで高橋一生くんとクドカンを共演させる意味とは。あの「吾輩は主婦である」からもう11年とか信じない。セカチューから13年・・・嘘だろ・・・でももう似てるって言われてないし言われることもないとおもうの。懐かしき邂逅。 あの…

東野圭吾「危険なビーナス」(8)

また脳かよーーー! っておもったのはないしょです。 危険なビーナス 作者: 東野圭吾 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2016/08/26 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (5件) を見る いやでも東野さん脳のお話すきだよね、ほんとに。 今…

AAA@Mステ

AAA

また6年後に会おうって(わたしが勝手に)言うてたトリエちゃんが前回からわずか半年もしない間にえむって出演とはこれ如何に。 っていうかにゅーすとトリエちゃんが並んでえむってに出るとかほんとこれなにこんな世界があっていいの;;;;;;って泣いて…

「東京タラレバ娘」#4

ギャー、クズ男キターーー!!! まさかの嫁が里帰り出産中だとはおもわなかったわそれを別居中って言うとかそりゃいちばんのクズだって言われてもしょうがないわ・・・ っていうかこどもネタやめて・・・(ダメージがデカい っていうかすぐバレるような嘘をどうし…

「カルテット」#4

なんていうか家森くんが全体的に父親として旦那としてダメだった。男としてどうかはしらん。 結婚ってこの世の地獄ですよ。妻ってピラニアです。婚姻届けは呪いを叶えるデスノートです。 そんなん五分五分ちゃうん。ここでは語られてない地獄があったってい…

加藤千恵「ラジオラジオラジオ!」(7)

ディズニーシーが開園した年が舞台みたいなので2001年ってことかな。 ラジオラジオラジオ! 作者: 加藤千恵 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2016/06/18 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る 一番共感したのは「青い車」です。わかる…

長浦京「リボルバー・リリー」(6)

ミステリランキング本を読もうキャンペーン☆ このミス6位、早川3位、文春12位。初読み作家さん。 リボルバー・リリー 作者: 長浦京 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2016/04/20 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る おもっしょかったーー。…

Brilliant Dreams +NEXT#32「美弥るりか」

観る前からものすごい試練を与えられた番組です(察さないで ゆうべTLのみなさまとリアタイしてそれから一度も見返せてないです。たぶんしばらく無理だとおもう。わたしそういう映像がけっこうある。見るのがしんどくて何回も見られないやつ。 わたしの中で…

「東京タラレバ娘」#3

ようやく田中圭ちゃんの出番キターーーー!!! っていうかTLが総じてゲス丸井とか出てくるメンズの中で一番クズとか言ってて、このどこからどう見ても人畜無害そうなお人好しで爽やかな人がいったいどういうことなの!?って混乱の極み。 結婚してるけどす…

1月の記録

・「おんな城主 直虎」#1~4 高橋一生くんがわりとメインで出そうな感じの大河が始まったので初回をリアタイしたよー。最初が肝心。これ溜めちゃうとぜったいみないやつ。わたし知ってる。そしてさんざん「ベルばらか」「ベルばらだな」って言われてましたけ…

「カルテット」#3

今回は満島ひかりちゃん回でしたね。 安藤サクラちゃんの声登場にTLがザワザワと「愛むき?」「愛むきか」「愛むきだな」ってなってたんですけどわたし全然ピンともこなくてわかんなかったーー! 目とか鼻の周りが赤くなる満島ひかりちゃんの表情が心に刺さ…

2016年星組「宝塚巴里祭2016」

ベニーさんトップ就任おめでとうううううう!!!!!!!っていうテンションで見ました。

「カルテット」#2

昼から食べる餃子とビールは人類の到達点です。 蓋し名言。 ブイヤベース食べながら餃子の話しないでくださいっていう高橋一生くんがめんどくさいの極みだけどっていうかブイヤベース作れるのすごくね???っていうかチャーシュー丼するのに七輪でチャーシ…

2017年月組「カルーセル輪舞曲」

NHKBSプレミアムで放送されたものの感想です。

柳広司「柳屋商店開店中」(5)

柳さんのデビュー16周年記念本。 柳屋商店開店中 作者: 柳広司 出版社/メーカー: 原書房 発売日: 2016/08/15 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 16年間書き溜めた()エッセー全部と単行本未収録作品が収録されてます。 柳さんと言えば「ジョーカ…

高橋一生くん@A-Studio

森川葵ちゃんがただの高橋一生くんファンで完全にこっち側の人間でした。 いやもうなんかすごかった。 ブレイクするってこういうことなのかといろんなことに打ちのめされました。 それにしても客席に向かって手を振ってキャーキャー言わせる高橋一生くんよ・・・…

「東京タラレバ娘」#1

田中圭ちゃんが出るというので初回見ましたー。 こういうオトナ女子の10年後まだ独身だったら風吹く寒い街泣けちゃうけど!!!っていうGet or Lose(byトリプルエー)なドラマってほんとに他人事すぎて申し訳ないんだけど、これってどういうひとたちが楽しむもの…

「カルテット」#1

なんかものすごい鳴物入りで始まった感いっぱいのドラマですけどでもその期待を裏切らないアレでしたよね、まぁ時折あざといわーーっておもうところもないわけではなかったけどなんかそう思う自分が薄汚れた大人なんじゃないかって思わせられてそういう意味…

月組大劇場「グランドホテル/カルーセル輪舞曲」

二回目行ってきましたー。