読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茶の間でおま。

本とかテレビとか宝塚とか。

東野圭吾「危険なビーナス」(8)

また脳かよーーー! っておもったのはないしょです。 危険なビーナス 作者: 東野圭吾 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2016/08/26 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (5件) を見る いやでも東野さん脳のお話すきだよね、ほんとに。 今…

AAA@Mステ

AAA

また6年後に会おうって(わたしが勝手に)言うてたトリエちゃんが前回からわずか半年もしない間にえむって出演とはこれ如何に。 っていうかにゅーすとトリエちゃんが並んでえむってに出るとかほんとこれなにこんな世界があっていいの;;;;;;って泣いて…

「東京タラレバ娘」#4

ギャー、クズ男キターーー!!! まさかの嫁が里帰り出産中だとはおもわなかったわそれを別居中って言うとかそりゃいちばんのクズだって言われてもしょうがないわ・・・ っていうかこどもネタやめて・・・(ダメージがデカい っていうかすぐバレるような嘘をどうし…

「カルテット」#4

なんていうか家森くんが全体的に父親として旦那としてダメだった。男としてどうかはしらん。 結婚ってこの世の地獄ですよ。妻ってピラニアです。婚姻届けは呪いを叶えるデスノートです。 そんなん五分五分ちゃうん。ここでは語られてない地獄があったってい…

加藤千恵「ラジオラジオラジオ!」(7)

ディズニーシーが開園した年が舞台みたいなので2001年ってことかな。 ラジオラジオラジオ! 作者: 加藤千恵 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2016/06/18 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る 一番共感したのは「青い車」です。わかる…

長浦京「リボルバー・リリー」(6)

ミステリランキング本を読もうキャンペーン☆ このミス6位、早川3位、文春12位。初読み作家さん。 リボルバー・リリー 作者: 長浦京 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2016/04/20 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る おもっしょかったーー。…

Brilliant Dreams +NEXT#32「美弥るりか」

観る前からものすごい試練を与えられた番組です(察さないで ゆうべTLのみなさまとリアタイしてそれから一度も見返せてないです。たぶんしばらく無理だとおもう。わたしそういう映像がけっこうある。見るのがしんどくて何回も見られないやつ。 わたしの中で…

「東京タラレバ娘」#3

ようやく田中圭ちゃんの出番キターーーー!!! っていうかTLが総じてゲス丸井とか出てくるメンズの中で一番クズとか言ってて、このどこからどう見ても人畜無害そうなお人好しで爽やかな人がいったいどういうことなの!?って混乱の極み。 結婚してるけどす…

1月の記録

・「おんな城主 直虎」#1~4 高橋一生くんがわりとメインで出そうな感じの大河が始まったので初回をリアタイしたよー。最初が肝心。これ溜めちゃうとぜったいみないやつ。わたし知ってる。そしてさんざん「ベルばらか」「ベルばらだな」って言われてましたけ…

「カルテット」#3

今回は満島ひかりちゃん回でしたね。 安藤サクラちゃんの声登場にTLがザワザワと「愛むき?」「愛むきか」「愛むきだな」ってなってたんですけどわたし全然ピンともこなくてわかんなかったーー! 目とか鼻の周りが赤くなる満島ひかりちゃんの表情が心に刺さ…

2016年星組「宝塚巴里祭2016」

ベニーさんトップ就任おめでとうううううう!!!!!!!っていうテンションで見ました。

「カルテット」#2

昼から食べる餃子とビールは人類の到達点です。 蓋し名言。 ブイヤベース食べながら餃子の話しないでくださいっていう高橋一生くんがめんどくさいの極みだけどっていうかブイヤベース作れるのすごくね???っていうかチャーシュー丼するのに七輪でチャーシ…

2017年月組「カルーセル輪舞曲」

NHKBSプレミアムで放送されたものの感想です。

柳広司「柳屋商店開店中」(5)

柳さんのデビュー16周年記念本。 柳屋商店開店中 作者: 柳広司 出版社/メーカー: 原書房 発売日: 2016/08/15 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 16年間書き溜めた()エッセー全部と単行本未収録作品が収録されてます。 柳さんと言えば「ジョーカ…

高橋一生くん@A-Studio

森川葵ちゃんがただの高橋一生くんファンで完全にこっち側の人間でした。 いやもうなんかすごかった。 ブレイクするってこういうことなのかといろんなことに打ちのめされました。 それにしても客席に向かって手を振ってキャーキャー言わせる高橋一生くんよ・・・…

「東京タラレバ娘」#1

田中圭ちゃんが出るというので初回見ましたー。 こういうオトナ女子の10年後まだ独身だったら風吹く寒い街泣けちゃうけど!!!っていうGet or Lose(byトリプルエー)なドラマってほんとに他人事すぎて申し訳ないんだけど、これってどういうひとたちが楽しむもの…

「カルテット」#1

なんかものすごい鳴物入りで始まった感いっぱいのドラマですけどでもその期待を裏切らないアレでしたよね、まぁ時折あざといわーーっておもうところもないわけではなかったけどなんかそう思う自分が薄汚れた大人なんじゃないかって思わせられてそういう意味…

月組大劇場「グランドホテル/カルーセル輪舞曲」

二回目行ってきましたー。

雫井脩介「望み」(4)

ランキング本を読もうキャンペーン☆ 望み 作者: 雫井脩介 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店 発売日: 2016/09/05 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る このミス13位、早川20位、文春9位。 いやもう重いし重いし重かった。 我が子が殺人事…

映画「偉大なる、しゅららぼん」

オンエアされてたやつ見ましたー。 まきめさんの作品は映像化されると途端にB級風味になってしまうのはわざとなの???(ホルモーを思い出しながら(いや、プリトヨもたいがいやったな 赤い制服も白馬に乗る清子もCGてんこ盛りのクライマックスも白日の下に…

伊藤千晃AAA卒業

AAA

いやもうビックリしました。今年一番のビックリです(今年まだ始まって二週間もたってない まさかの妊娠&結婚&卒業というトリプルアタック。トリプルエーなだけに(黙 アラサーアイドルグループってファンは揶揄して誰が一番先にお嫁に行くのかな(女子は…

市川憂人「ジェリーフィッシュは凍らない」(3)

ミステリランキング本を読もうキャンペーン。 このミス10位、本ミス3位、文春5位、そして第26回鮎川哲也賞受賞作!おめでとう!! いやーまじでおもっしょかったっすねー。 ジェリーフィッシュは凍らない 作者: 市川憂人 出版社/メーカー: 東京創元社 発売日…

加納朋子「我ら荒野の七重奏」(2)

帯には何にも書いてなかったんですけど「七人の敵がいる」の続編ですね。読みながら、このミセスブルドーザーむっちゃ知ってる・・・ってなった。真琴つばさの昼ドラもチラッと見たっけ。 我ら荒野の七重奏 作者: 加納朋子 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 201…

月村了衛「黒警」(1)

去年呼んだ「黒涙」のシリーズ第一弾読みました。 黒警 (朝日文庫) 作者: 月村了衛 出版社/メーカー: 朝日新聞出版 発売日: 2016/06/07 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (1件) を見る 「波多野の事件」がわかってスッキリ\(^o^)/そして沈と沢渡の関係…

月組大劇場「グランドホテル/カルーセル輪舞曲」

三が日に大劇場行ってきましたー。

12月の記録

・「コック警部の晩餐会」#7 佑の初主演ドラマ楽しく見てるんだけど(最近30分以上のドラマは集中力がもたない)(老化)(やかましいわ!!!)この回はちょっと動機と映像がキツかった。そんなことで人を殺してしまうの?まじかよ、って凹んだわ・・・いやこ…

「龍真咲 ザ・ラストディ」

東宝千秋楽DVDの感想を書くの忘れてました。 今年の思い出しも込めて。 まさきさんが卒業されたことも今となっては遠い昔のことのようで、あれ、これは今年のことだったかな、とおもうくらいで、タカラヅカという世界はほんとうに時間の流れが速くて、いろん…

映画「鈴木先生」

今年最後に鈴木先生を見ましたよ。 もはやなつかしい。 長谷川博己といえば鈴木先生だし、土屋太鳳ちゃんといえば鈴木先生なんだけれども。 土屋太鳳ちゃんのまだ垢ぬける前の健やかで透明感あふれるうつくしさを愛でることができるのは「鈴木先生」だけ!と…

江戸川乱歩短編集Ⅱ妖しい愛の物語「黒手組」

レコ様が田中圭ちゃんの回を捕獲してくれたやつ見たけどこれ全部見たかったーーー!! www.nhk.or.jp 満島ひかりちゃんが明智小五郎に扮してましたが毎回趣向が違っていてるようで、この回ではキリリとしたいでたちで男としての明智として存在してました。恐…

スカステつれづれ

先月はとし子センパイ祭りでしたが今月はゆりぴょんですよ^^ ・夢みるチカラ#5「山上真帆・紫門ゆりや」 わたしリボンタイが好きだってゆりぴょんに言いましたっけ!!!黒い細いリボンタイすごく好きなんですぅううう。黒いスーツに黒のリボンタイとかさ…

月村了衛「水戸黄門」天下の副編集長(45)

月村さんの時代小説読みました。 水戸黄門 天下の副編集長 作者: 月村了衛 出版社/メーカー: 徳間書店 発売日: 2016/07/08 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 光圀公がなぜ全国を行脚して回ったのか、それは国史編纂のために執筆者から原稿を取…

タカラヅカスペシャル2015「New Century,Next Dream」

タカスペ初日に去年のタカスペ映像見たよ! これが茶の間の時差である。 まさきさんがいらっしゃることに虚を突かれてことばが出なくなる。そういえばこないだ100周年記念式典でチラリと見たけど、当時は最下トップだったんだよね、それが去年ではもう一番ト…

東野圭吾「恋のゴンドラ」(44)

タイトルを怪訝におもいつつも手に取った表紙がアウトでした。 恋のゴンドラ 作者: 東野圭吾 出版社/メーカー: 実業之日本社 発売日: 2016/11/01 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (1件) を見る なんじゃこりゃーーー!! え、東野さ…

「わたしに運命の恋なんてありえないって思ってた」

やだなにこの懐かしい感じの歳末ドラマスペシャル!!!! わたしがクリスマスがテーマの恋愛ドラマを見るなんてありえないと思ってた。 しかもなんですって高橋一生くんがヒロインと恋をするですって? え、多部ちゃんと? 高橋一生くんが? 恋を??? そ…

青山文平「半席」(43)

ミステリランキング出揃ったのでランキング本を読もうキャンペーン。 半席 作者: 青山文平 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2016/05/20 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る 初読み作家さん。直木賞作家さんなんですね。受賞後第一作とか。…

「プリンセスメゾン」最終回

最後の最後にブルーハーツがきたーーーーーー!!! 沼ちゃんが終わらない歌を知らないのが地味にショック・・・そうか・・・ブルーハーツなんてそりゃ知らないよね・・・いい歌じゃろ・・・ 手に入れてからが勝負。ほんとにね。 沼ちゃんの中の人がすごくよかった。前に…

真保裕一「脇坂副署長の長い一日」(42)

真保さんの新作読みましたー。 脇坂副署長の長い一日 作者: 真保裕一 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2016/11/04 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る 楽しかったー。 地元出身のアイドルが一日警察署長に志願して凱旋したその理由は!! …

「桐島、部活やめるってよ」

ずっと温めてた桐島の映画を見ました。 とりあえず中の人の一覧どん(公開当時) 神木隆之介(19) 橋本愛(16) 東出昌大(24) 清水くるみ(18) 山本美月(21) 松岡茉優(17) 落合モトキ(22) 浅香航大(20) 太賀(19) 大後寿々花(19) 東出くんの…

「プリンセスメゾン」#7

今回は沁みました。 くるりの「東京」が。 とっても沁みました。 ちょうどそのころ関西-東京間で遠距離恋愛してたなとか、達身元気かなとか、大池は今頃なにしてるんかなとか、まきめさんも前に言うてたけどあの頃の世紀末の京都が青春だったことを思い出し…

真保裕一「遊園地に行こう!」(41)

行こう!シリーズ三作目、真保さん的にはこれがシリーズ最後のようです。 遊園地に行こう! 作者: 真保裕一 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2016/06/08 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (1件) を見る ラストのミステリ部分がとって…

「鬼平犯科帳」THE FINAL

前編「五年目の客」 ・のっけからうさぎが五月蠅い。 ・伊佐さん鯔背でカッコいい!おまささんまで都合よく五鉄にいるとかオールスター勢揃いかよこれがファイナルっぽさありすぎるだろ。 ・今回も八幡堀がいいお仕事してる。 ・ファイナルにタニショーが出…

11月の記録

・読んだもの 有栖川有栖「ロシア紅茶の謎」「スウェーデン館の謎」(38)(39) やっぱり読んだ記憶がないんだけどほんとに国名シリーズ未読なの・・・?うそでしょ・・・?まだ「助教授」な火村センセイが懐かしすぎてほんとに「准教授」ってなんだよ無粋極まり…

「プリンセスメゾン」#5

やだ伊達さんと理子さんの恋がはじまってしまう><><>< なんだこの兄姉プレイ\(^o^)/ しかしながらぎこちなさすぎる兄姉プレイさいこうにおもっしょかったー!役の設定では伊達さんのほうが年下だし中の人も年下だし長兄であることを認めたがらないの…

Best 5 Songs 2016

今年iTunesで買った曲のベスト5を唐突に発表したいとおもいます! ベスト5と言いつつ順不同です。 ・「BLUE ILLUSION」響宇月 言わずもがな音楽の宝箱のひびとしデュエットソング。未だに素面では見られない。音源が先に出たのは今思えば不幸中の幸い。何度…

月村了衛「黒涙」(40)

月村さんの新作読んだよー。 黒涙 作者: 月村了衛 出版社/メーカー: 朝日新聞出版 発売日: 2016/10/07 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 読みながら嫌な予感はしてたんだけど、でも帯にもなんにも書いてなかったからまさかねっておもいながら読…

2010年月組「ジプシー男爵」新人公演

ずっと見たいと思ってた新人公演映像がやっとオンエアされましたー。

「プリンセスメゾン」#4

水が怖い伊達さんかわゆううういっていうか水が怖い人ってあんなんなん????お風呂とかどうしてるん??シャワーならええん???? っておいちょっと待てや足立理くん出てるやんけええええええええええええええ!!!!!!!!!!!!! わたしの中で…

「グランドホテル」集合日でした。

集合日でした。スーパームーンの日でした。そして、なつめさんの、御命日でした。 わたしがタカラヅカの世界に出戻る遠因となったのが、なつめさんの訃報でした。 青春を共に過ごした人の喪失は今のわたしに多大な影響を与え、その存在の大きさに感謝と敬意…

ポス彼

首痛めてる系イケメンさいこうか!!! さいこうだよ!!!!!!!(自己完結) 昨日ポスカレのビジュアルがTLに流れてきて一気に阿鼻叫喚、死屍累々。 罪深きとし子センパイであった。本気出してきたとし子センパイの恐ろしさ。とし子センパイの本気の前で…

「プリンセスメゾン」#3

やっぱり女の人がおうちを買うってなると、女が一人で生きていく、ってことになってしまうのかなぁ。 わたしもお見合いしたい人生だった。着物着て美味しいもの食べたかった。後は若い人たちでどうぞふふふとか言われたかった!就職するのが嫌すぎてお見合い…