茶の間でおま。

本とかテレビとか宝塚とか。

柚木麻子「ランチのアッコちゃん」(43)

前に読んだ「けむたい後輩」が肌に合わなくてどうかなぁって思ったけど、サクサク楽しく読みました。

しかしどれもこれもあっさりしすぎで、こういう話をもっとよみたいんじゃないの?アッコちゃんに鍛えられてく様を知りたいんじゃないの?と欲求不満で終わりました。

あっさり会社が倒産しちゃって、次の派遣先で悩んでるところにアッコちゃんと再会、またもやヒントをもらって一歩前進、さて次のお話は、とおもえば後半二編はモブ扱い。そんなばかな\(^o^)/

くどくなくて、あんまりにも潔く突き放されるような読了感が余韻を持つと言えばそうなんだけど、ちょっと物足りなかったかなー。

ランチのアッコちゃん