茶の間でおま。

本とかテレビとか宝塚とか。

「SUMMER NUDE」#8

うえええええええええええええええええええええ窪田正孝うええええええええええええええええええええええええええええええええ!!!!!!!!

 

いやもうあの「10秒だけくれる」から始まる10数秒間で、どれだけの屍が茶の間に積まれたことか・・・・!パねええ!パねえええよ窪田正孝ああああ!!!

恐ろしいのは知ってたつもりだけどここまでとはいやはやもうくわばらって言葉しか出てこないよくわばらくわばら。

腕引っ張って抱き寄せて頭かき抱いてそのままちゅううううううう!!!

何にも言わないまま、目も合わせないまま、そのまま電車に乗り込んで、そこでメガネはずしておさまらない動悸に肩を上下させてるその様子がもうさいこうに切なくて切なくてやな!!!!

この夏の一等賞は窪田正孝くんで決定っ!

みんながきみに恋をした。

いやまじでまじで。

息をするのも忘れるくらいの胸キュンでした・・・はぁぁぁぁぁ・・・・・・恋ってせつない・・・

 

山下さんの美しさはそれはもう絶対で、そこは侵されざるべき領域なんだけど、それとはまた違った次元で窪田正孝くんの美しさというのがありますよね、ええ、メガネだけじゃなく、割とがっちりした体型だし、背もあるし、なまっちろいメガネっ子と思わせておいて実はがっつり肉食系でしたああっていうそのギャップな。

山下さんにはギャップなどない。見たまんまである。

惜しいのは、長澤まさみにまつわる全部なんだけど(実はその回見てないので、長澤まさみの真実というものを目の当たりにしてない)見てるほうにまるで共感を求めてないかのような恋愛をしてきた彼にどうしても納得できないというか理解できないというか、設定が悪いせいに決まってるんだけど、これはもう窪田正孝くんの完全勝利でしかない・・・と遠い目になることしきり。