茶の間でおま。

本とかテレビとか宝塚とか。

1999年雪組・月組「ノバ・ボサ・ノバ」

柚希礼音の初舞台が見られると聞いて、録画したまま放置してた「メモリーズ・オブ・宝塚」にて視聴。

初舞台踏むちえたむがちょううううう初々しくて、それでも居並ぶ他の初舞台生よりもずっと垢抜けてて、スタァってやっぱり違うよね!!!って溜息つきました、初舞台生のロケットはそれだけで泣けてくるんだけど、この舞台で初舞台踏んだちえたむが、トップになって同じ演目をやるとかなんという運命なのかしら・・・!ってその奇跡に感動した。2011年星組公演も見せて。

 

ぶっちゃけ、あんまり好きな演目じゃない・・・っていうのが感想なんだけど、これが何度も再演されるほど人気のあるコンテンツだというのがちょっと納得いかない。

ダンスのフリとお衣装が好みじゃないんだよな・・・情熱的で躍動的な舞台だっていうのはわかるんだけど、いかんせん好みではない・・・こればっかりはどうしようもないよね・・・。

1999年の再演では、雪組と月組が続けて公演したという、ちょっとよくわかんないんですけど、どうしたって比較されてしまうだろうに、そのあたりはDOなの????っていうアレで、あまつさせそれをテレビで同時オンエアするとかwもうマニア以外得しないだろっていうwwwだって同じ演目で、お衣装がちょっと違うくらいで、歌だってダンスだって全く同じものを同時期に別の役者が演じるってほんとにこれは誰にとっての罰ゲームなの・・・?っていうwwwwwwwww大和悠河ですよね。

名前だけは存じ上げてたんですけど、トップになられた方ですよね?トップスタァですよね????

え?

え・・・??

みたいな。

二度見するレベルでした。いや、二度見というか二度聞き?

どうやらそっち方面では有名なようで、むべなるかな、って納得したんですけど、たぶんそれを補ってあまりあるスタァっぷりだったんですよね・・・って心当たりがありすぎるので(←日向薫が初恋のひと)なんにも言えないんですけどwスタァと一口にいうてもいろんなタイプのスタァがいますよねってことですよ!!!

だいじょうぶ、わたしはわかってるから!!!!

 

雪組はともかく、月組のほうはキャストの名前を見てもパッと見どこの組なのかわかんないレベルで、真琴つばさはわたしの中で花組っ子だし、紫吹淳もそう。

名前だけは知ってる前述の大和悠河大空祐飛宙組のトップになった人だというし、こうなるとまじで宙組とはいったいなんぞや・・・・ってなりますよね・・・(宙組アンチ)(宙組、という組のアンチ)

って思ったけど、雪組香寿たつきとか汐風幸とか安蘭けいとかの並びも摩訶不思議ですよね。

役替わりの激しい演目だったようですけど、ブリーザ役を男役がやっていたりと、娘役が不足してたんですかねと邪推してしまうようなアレでした。実際娘1の印象も薄いし。

男役が豊富な組でするべき演目なんでしょうか、なるほど、今の星組ですね。

 

雪組と月組を比べてみて、巧いのは雪組、楽しいのは月組かなと。

なんせ月は歌でひっかかるのがもったいなかった。

あと未沙のえるのシスターマーマと汐風幸のルーア神父の掛け合いがわたしにはしっくりきた。

でも、ソールとオーロの組み合わせは、真琴・紫吹のがよかったんだよなー。歌だって理事のが絶対うまいんだけど。うまいんだけど!!

 

それらを踏まえて、柚希礼音のソールが見てみたい。オーロは、誰がやったって真琴・紫吹みたいな対等な関係には見えないだろうけど、その点では轟・香寿コンビっぽいのかもしれないけど、すべての頂点に立つオーロというものもまた違った趣がありそうで、なのでやっぱり星組のノバ・ボサ・ノバを早くわたしにください。