茶の間でおま。

本とかテレビとか宝塚とか。

五十嵐隼士芸能界引退

わたしと五十嵐隼士くんの出会いは「ウルトラマンメビウス」のミライきゅんでした。

それからずっと陰に日向に彼のことを応援してきました。

ずっと、彼の未来にどうか幸あれと願ってました。

ここ数年らしたんにまとわりついてた余計な事柄が、とっても心配で、その心配が現実のものになってしまったことがほんとにショックで、でも、らしたんが無理してる姿は見たくないし、頑張ってはほしいけど無理はしてほしくないし、でも・・・という葛藤とも戦った数年でした。

でも、彼が決めたことなら。

ああ、よかったね、って。

これできみが救われるのなら、それならわたしはその決断を支持するし、応援するし、これまで変わらずどうかその未来に幸あれと願うよ。

 

はーーー、やっぱり淋しいよ><

不安定な芸能界という世界において、いろんな人たちが現れてそして消えていったのをたくさん見てきたつもりだけど、それがまさか己の身にふりかかるとは思ってなくて、その現実をまだ受け止められなくて、うん、やっぱりものすごくショックなんだよね。

 

らしたんはどうしてもるきずのニャー、って言われちゃうんだけど、わたしは認めてなくてwあれを代表作にするのはどうしても許せなくて、あれで世に出たとか全然思ってないんだよね。

じゃあどれが代表作なのかといえば、やっぱりメビウスだろうし、「任侠ヘルパー」の五郎ちゃんはすごいハマリ役だと思うし、「名前をなくした女神」での陸パパもさいこうに素敵だった。「スパイダーズなう」ではらしたんのスタァ性を確信したし、映画「山本五十六」では見直したし惚れ直した。Dステのナウロでは、らしたんが活きる道が見えたと思ったし、きっとこれから先も、まだまだわたしの知らないいろんな五十嵐隼士を見せてくれるんだと思ってた。

さんざん、やきもきさせられたけど、それでも幸せで楽しい時間をもらいました。ありがとう。

そして、どうかきみの未来に幸あれ。

 

 

(2013/11/04 五十嵐隼士オフィシャルブログ)

今日、live来てくれたみんな!ありがとうございました。
liveに来てくれた方にはもうお伝えしましたが、皆さんにも報告しなくてはいけないことがあります。
ホームページで発表した通り、五十嵐隼士は11月17日のTDCホールでのliveを最後に芸能界を引退し、今後は社会人として頑張っていきます。
TDCホールで全力で頑張ります!
最後はみんなも俺も笑顔でいれるように最高のパフォーマンスにします!
 

D-BOYS OFFICIAL SITE)

いつも五十嵐隼士への温かいご声援、誠にありがとうございます。
今回皆様に大切なお知らせをいたします。

9年間、俳優として、アーティストとして、活動して参りました五十嵐隼士は、この度、本人の意向により、芸能活動を引退いたします。
つきましては、11月末日をもちまして、D-BOYSを卒業するとともに、ワタナベエンターテインメントとの契約を終了することになりました。

何卒ご理解の程よろしくお願いいたします。

在籍中は多くのご声援をいただきましたことを心より御礼申し上げます。

  

(本人コメント全文)

◆五十嵐隼士から皆様へ
 これまで9年間の芸能活動の中で、たくさんの役を演じてきました。そして、役者として日々、いろいろなことに興味を持とうと自分自身意識してきました。

その中で、エンターテインメント以外の仕事にも興味が湧くようになり、一から勉強して、取り組んでみたいという気持ちが日々強くなっていきました。
 自分自身で何度も何度も考え、事務所とも話し合った上で、僕の考えを尊重していただき、この度、芸能活動を引退することを決めました。
 必ず自分の悔いの残らない人生を歩みます。今まで応援してくれた皆様、お仕事を通してお世話になった皆様、本当にありがとうございました。

 

瀬戸康史ブログ)

本日、僕の大切な先輩・メンバーである五十嵐隼士さんが、芸能界引退を発表しました。
僕も最初に聞いた時は受けとめるまでに時間がかかりました。
今、多くの方がその時の僕と同じ状況だと思います。
だけど、隼士さんが悩んで決めた結果に、僕らD-BOYS・D☆DATE・事務所関係者は想いを受けとめ、これからも隼士さんを応援していく決意です。
時間はかかると思いますが、皆さんも最後まで隼士さんを支えてあげて下さい。
仕事という上での世界は変わるけど、同じ世界に生きて頑張っている仲間だという事は変わりません。
その事だけは、一生忘れません。
隼士さんの分まで、表現者としてその道を突き進んで行きます。

 

(荒木宏文ブログ)
「最後まで」
zeppラストの東京公演が終了しました。
そして本日、D☆DATEメンバーの五十嵐隼士が引退を発表しました。
彼自身、真剣に悩み、考え抜いた答えなので、メンバー皆で集まり話した時に最高の形で見送ろうと決めました。
悲しいし、寂しいですが、彼の覚悟を決めた勇気と強い意思を尊重し、受け入れ、17日のFINALを最高のステージにして見送りたいと思います。
なかなか気持ちの整理がつく事ではないですが、最後17日が最高のステージになるよう見守って下さると幸いです。
最後まで、今出来ること全てを出してやり遂げます!

 

柳下大ブログ)

お疲れ様です
今日、
D☆DATE LIVE TOUR2013
GLORY FIVE
IN Zepp Diver City
で同じメンバーの
五十嵐隼士
が芸能界引退を発表しました。
隼さん、お疲れ様です
隼さんも悩みに悩んで出した決断だったと思います
いなくなっちゃうのは本当に寂しいし、悲しいけど、
隼さんが決めた道なので、気持ち良く送り出したいと思います!
これから進む道は違いますが
お互い自分の道を一歩一歩頑張って歩んで行きましょう!
ラストの11月17日!
5人で突っ走ります!
感謝

 

堀井新太ブログ)

こんばんは!
更新遅くなりすみません。
今日はD☆DATEのライブにて
五十嵐隼士さんが芸能界引退発表いたしました!
ここになに書いたらいいか自分でもよくわからないのですが、
隼さんの存在って皆さんにとってもD☆DATEにとっても
僕自身にとっても大きな存在だったんだと改めて実感しました!
でも隼さんの決めた道なので後輩の僕としては応援していきたいと思います!
本当に悲しく辛いですが
残りのライブまで悔いなく突っ走りたいと思います!
とりあえずがむしゃらに頑張ります!

 

碓井将大ブログ)

隼さんへ
自分もD-BOYSに入ってからもう6年が経ちました。15歳からこの世界に入って何も分からなかったし、隼さんには本当に面倒見てもらいました。
Dステなどで沢山共演していた訳でもなかったけど、他の仕事で会えば優しく話しかけてくれて、いつもご飯に連れてってくれました。
100人いたらほぼ100人が"後輩の兄貴分"という印象を隼さんに抱くと思いますが、僕もまさしくその一人です。
"俺は上の人に沢山世話になったから、後輩に同じ様にご飯に連れて行く。だからお前も先輩になったら後輩に自分がやってきたことをしてやれよ"って。言い方は正確ではないけどそう言われたことだけ今でもしっかり覚えています。
Dボも、個人的にももっと良い形、環境を求めていく上で、隼さんはD-DATEに参加していったりと、ますますDボで顔を合わせる時間も減っていっていた中での今回の発表だったので、正直寂しいです。
僕はこれから俳優を続けて行く中で、もしかしたら隼さんが今回選択した道を選ぶ時が来るかもしれないし、ずーっと俳優続けて、隼さんにも行く前に少しだけ話した海外作品に参加出来るかもしれないし…それは誰にも分かり得ないけど、自分が必死で自分の道をもっと今以上に求めます。後悔ないように。
これまで本当にお世話になりました!!
自分がやりたいことを新たに追うことは素晴らしい事で、なおかつ非常に大きなチャレンジだと思いますが、隼さんの今までの明るさと、人を思う気持ちを武器に新たな地でも上手く行くように祈っています
寂しいですが、隼さんがいなくなったわけではないので、また是非、ご飯に連れて行って下さいっ
連絡します
碓井将大

 
城田優ブログ)
「いがまんかんさんらん」
タイトルは五十嵐隼士のあだ名です。
もちろんそう呼んでいるのは僕だけですが、、、
ご存知の方も多いと思いますが、僕らの大切な仲間、五十嵐隼士が引退することになりました。
出会った当時は一緒に仕事をする機会も少なく、別々の道で切磋琢磨してきましたが、ドラマ「花ざかりの君たちへ」「ROOKIES」などで共演し、共にひとつの作品を作ってきました。
中でも「ROOKIES」は本当に濃かった。
本当に大変だった。
毎日が戦いだった。
僕の14年間の芸能生活であんなに忙しかった日々は後にも先にもあの作品だけ。
ニコガクナインのみんなは、そんな中共に戦った戦友。
中でも五十嵐は、過酷を極める撮影の中、並行して「ラストゲーム」の舞台の稽古、本番もこなした唯一の戦友。
稽古中、意気消沈している僕を気にかけてくれたり、疲れを見せずみんなを盛り上げてくれたり、彼の人柄は常に人を笑顔にしてきた。
あの人柄があれば、これからどんな道を歩むとしても、明るくしっかり前へ進んでいけると僕は確信しています。
いつも五十嵐を応援して下さっているファンの皆さんは、あまりに突然の彼の決断を素直に受け入れることは難しいかもしれません。
しかし、是非彼が考えに考え抜いて出した答えを、笑顔で応援してあげて欲しいと思います。
高校生だった17歳の青春時代から、約10年間頑張ってきた"芸能界"を卒業する彼を、笑顔で送り出して欲しいと思います。
そして今後どんな道に進んでも、心の片隅で変わらず応援してあげて欲しいと思います。
フレーフレー隼士!!
隼士の明るい未来を願って、、、

 

(三上真史ブログ)11/7

隼士くんの勇気ある決断、覚悟。
動き出さなきゃ始まらない。
足踏みしてても靴底は減る。
歩む道は違えど、これまで一緒だった仲間に変わりはないし、信念をもって決めたこれからの人生をオレは応援するよ。
寂しくなるけど、いままで本当にお疲れさま。
そして心から、ありがとう。

 
高橋龍輝ブログ)11/12
五十嵐くん、、
とても残念です。(泣)
もっと一緒に頑張っていきたかったです(泣)
五十嵐くんはお兄さん的な存在でした!
いつも、優しくおもしろく接していただきました!
お互いがバスケ好きなので、バスケする時誘っていただいたりと、色々な面でお世話になりました!!
大好きな先輩です!
これから違う道に進んでいく五十嵐くんを応援していき、それに負けないように僕も頑張っていきます!
五十嵐くん大好きです!