茶の間でおま。

本とかテレビとか宝塚とか。

「シダの群れ 第三弾 港の女歌手編」

シアターBRAVAに行ってきましたー。

難解だっていう評判を聞いてたので、ざっくりとした前回までのあらすじと今回のあらすじを読んで、まあ雰囲気を楽しめればいいやー、って気持ちで行ったんですけど、ほんのりミステリ風味でフーダニットを楽しめました。

お芝居は、ほんとに前に見た岩松作品の「アイドル、かくの如し」とおんなじで、主演女優は違うけどセリフ回しもおんなじだし、岩松さんの作品の特徴というものが掴めた気がします。

アイドルの時にも思ったけど、セリフが一人走りしてる感じで見てるほうはついてくのにせいいっぱい、そして観客が置いてきぼりになってることに気づいてても放ったらかしでまったく気にしてない、といふうスタンスがかなりドSですね。

久しぶりの観劇だったのですが、吹越さんが出てきてキョンキョンが出てきて小林薫が出てきてサダヲが出てきて、っていう知ってる人が続々登場する舞台上に最高に高まりました。

そして、登場する足立理くんの姿に・°・(ノД`)・°・

消息不明すぎた足立理くんの生存確認ができてほんとによかったです。

ちゃんと動いてた。ちゃんと喋ってた。相変わらず挙動不審だったけど!

眉毛もないらしいけど全然わかんなかった。長い手足を持て余し気味に、ふいんきに馴染めず空気を乱して、おっかなびっくり舞台の端っこにたたずむ姿がとても愛しかったです。更なる活躍を祈念する。

あとは、今日お誕生日だったトリプルエーの末吉秀太くんです。

彼が目当てで行ってまいりました。

登場するのもだいぶ遅くてやきもきしたのですが、若手チンピラの中では一番おいしい役どころでした。

一度裏切った者に居場所はない、とサダヲに言われて傷つくトシキ。

傷つき、疑われ、居場所のなくなった彼の行く末とは。

数多のビッグネームたちに臆することなく、ちゃんと向き合ってお芝居をしてたと思います、ええ、母親目線です。

まさか末吉さんがこんな俳優仕事をする日がくるなんて夢にも思ってなかったです・°・(ノД`)・°・泣く。泣くしかない。

大きな声でゴルァ!!ってがなる声が大好きな声でどきどきしました。

ビジュアルも、きっとネタバレなんですよね(彼の厳戒なネタバレ回避令に、ああ、そういうことなのかと今日ようやく腑に落ちた)(しかしネタバレしちゃだめだよ、っていうのも一種のネタバレになるのでは)(何かある、ってことだもんね)黒髪ライン入りロン毛、いつもなら罵倒するんだけど、オールバックにしばってるのはシャープさを際立たせてて、ずるいんだけどかっこいい。

チラシに出てた赤髪よりもずっとよかったよ!

カテコでは、ブレイキンも披露してくれて感無量でした。わたしの見たかった秀太の姿です、ありがとう。

さらにはお誕生日ということでサダヲに振られてちょこっと挨拶もしてくれました。

共演の人たちにいっぱいお祝いしてもらえたようで、我がことのようにうれしい。しあわせ。

 

 

話のほうは、結局跡目問題の兄弟間の諍いに巻き込まれたってことでしょうか??

終盤サダヲが二人も殺しちゃって、あれまぁ、誰もいなくなったやんんん!!なにこれシリアルキラーってこと???結局は、ってそういうオチ!!??