茶の間でおま。

本とかテレビとか宝塚とか。

「刑事のまなざし」最終回

人生に絶望してもう自分を殺すしかないって思い詰める役の窪田正孝くんがすばらしすぎて号泣しました。

そんなことが人を殺してもいい理由になんて絶対にならないんだけど、どうしていいのかわからなくて、そんないっぱいいっぱいの中で人を殺すしかないって思考にたどり着いてしまった彼の苦しさというのが伝わってきて哀しかったです。

それでも彼は、自分と同じような苦しみを味わわせたくなくて無実の罪までかぶろうとしたし、その優しさを失っていなかったことは見てるほうにも救いになった。

クリスマスツリーを見上げてる人がみな幸せな人とは限らない。

不幸な自分以外はみんな幸せに違いなくて、そんなやつらはみんなしんでしまえ、って思ってしまう彼にどうか安らぎが訪れますように。

心穏やかに日々が過ごせますように。

ってそう祈らずにはいられなかったのでやっぱり窪田正孝くんすごい。

夏目さんの事件が解決しなかったことにはびっくりしたけど、きっと長峰さんがなんとかしてくれるっていう安心感もすごかった。

今回の長峰さんはもちろん「1ポイントアップ↑」ですよねwああいうのを持ってくるからずるいよねwwwやー、おもっしょかったです。

夏目さんの事件が解決しても、続編は作れると思うので、新しい月8の顔になってくれるといいなー。