茶の間でおま。

本とかテレビとか宝塚とか。

2010年宙組「誰がために鐘は鳴る」ほか

観ました。

 

そもそもは、すみ花のネスレスタートークです、あれです、祐飛さんからのお手紙を貰ってデレまくるすみ花、というやつです、あれを見ました。

Chapter10からはたいがい祐飛さんのことしか話してないです、すみ花さん。

そのトークの中で、髪を短く切った時「たわしみたい」って言われてすごく凹んだ、でも実はそれは褒め言葉だったっていうくだりがあって、それが「誰がために鐘が鳴る」のマリア役のためだと知って、ではそのたわしを見てみようではないかとなったのですよ、つか、これほんとにかなり思い切った断髪っぷりですよね!

お芝居の中で祐飛さんに髪の毛何度もわしわししてもらうすみ花の恍惚とした表情よ・・・あんまりキスシーンに生々しさ(たとえばちえねねみたいな)は感じないんだけど、その分それ以外の接触にドキドキさせられます、祐飛さんたらまじイケメン。

顔近づけて鼻をくっつけるとか・・・!!!!!!!!寸止めの美学を守る祐飛さんがすみれコードきっちり守る人だって評にも肯うしかない。

すみ花って今もそうだからか、ショートヘアのイメージが強いんだけど、それはこの時の断髪がもとになってるのかな。すごい似合ってるけど!

ゆひすみの歴史は長くて、まだまだ全部は把握できてないんだけど、ほんのり知るその二人の関係性がほんとに胸キュンものなんだけど、祐飛さんのドSっぷりにしっかりついていったすみ花はえらいね・・・って思う。学年差も大きいし、それだけで物怖じしてしまうだろうに、必死でついてこうとするすみ花の姿が健気でいじらしくって、たぶん祐飛さんもそれが可愛くてしょうがなかったんだろうなーって。好きなものを素直に好きって言えない小学生男子のようだってご自分でおっしゃってるしw意地悪なことこといっぱい言うてきっといっぱい泣かせたんだろうなー、ほんとに祐飛さんて酷いよねえええ(想像)

 

サヨナラショーでずっきゅん撃ち抜かれた「寝袋と巻き煙草」の曲はここが元ネタだったのかあああ!!!!

イギリス人の彼がどうしてスペインを助けようとするのかがいまいちよくわからないんだけど、それですみ花と出会えたならよかったよね・・・たった四日間で一生分の恋をしたんだよね・・・(ちょっと納得いかんけど)祐飛さん悲劇の人すぎてほんとに薄幸の美人・・・美人薄命すぎる。もうちょっとゆひすみのハピネスなラブストーリーとか見たいんだけどそういうのはないんですかね!!!

なんか祐飛さんて傷を負ってたりするのが似合うから包帯巻こうかって演出の先生に言われたっていう迷言も見かけたし!!わかるけど!!!!!!!w

 

「TRAFALGAR」

そしてスカステで録画してたやつを再見。

初見時はてきとうに見てたので祐飛さんすまんかった・・・二回目は号泣しますた。

金髪長髪の祐飛さんのビジュアルがもうズルイ。ズルイ以外出てこない。軍服かっこいいしマントかっこいいし、祐飛さんは黒髪が断然かっこいい派だったんだけど誰鐘もそうだったけど金髪だってもちろんかっこいいのである。ほんとに二次元。不倫ものなんてやだわ不潔だわとかいうのが初見時の感想なんですけど、これも悲恋なんですよね。しかも登場時に眼帯しててwそれがひじょうに似合うのが件の演出家先生の言葉を肯定してて唸るしかなかった。隻眼の上に右腕まで失うとか祐飛さんに対する仕打ちが酷い><お互いの夫婦関係が破綻してるからというてそう簡単に恋に堕ちてはいけないのだ!!!とは思うけれども、孤高の英雄が唯一愛した人ならばわたしも愛してみせよう・・・!ってなるし、片腕で後ろからエマを抱きしめる祐飛さんにはときめきしか感じないし、どうか生きて帰ってきてって願うけど、きっと祐飛さんは戻ってこないってもうそんなのわかってるし;;これ以上祐飛さんをつらい目にあわさないで><って誰にお願いすればいいですかね><><

すみ花の髪が長い。この後の誰鐘で切ったんだね。

冷静で大人な役がこれ以上似合う人っていないよ!!あふれんばかりの包容力に、ああ、わたしも祐飛さんにつつまれたい・・・っておもうけどそれは誰にでも許されてるものじゃない、ってわかってるからせつない。

この時の宙組さんに感謝を込めて(なぜw)愛着がわいてきてるんだけど、主だったメンツが今ほとんど宙組にいないという現実な・・・ほんとに組替えとは、って定期的にいろんな方面に呪詛を飛ばしたくなる。

 

で、2012年7月号の宝塚GRAPHを入手しました、祐飛さんのサヨナラ特集の号です!

f:id:piroco165:20140122185016j:plain

パブリックイメージを大きく裏切るこの笑顔を持ってくるところが憎いです、グラフの中の人いい仕事した!!

祐飛さんてんこ盛りでしかもいいお写真ばっかりで、ううう、ほんとにありがとうございます、素晴らしい一冊です、祐飛さんかっこよすぎで二次元の存在にしか見えない(ま、雑誌ですけれども)まじかっこいいです、この人この世にほんとに存在するの???

・組長対談

「私、ちょっと取っ付きにくい・・・ですよね。」

これまでの組替えで学んだので、宙組に落下傘する時は、自分からすべてを見せていかなくちゃという覚悟のもと組長はじめみんなが持っていたであろう大空祐飛というイメージを覆す勢いでさらけ出していった祐飛さんのそのギャップにおそらく周りの人はみんな撃ち抜かれていったんだろうな、と涙なくしては読めませんでした。外から来たことで、組のことが客観的に見られたしそれを(恐らく)ズバズバとwでも的確に指摘していったことでみんなの信頼を得ていったんじゃないかな(想像)みんな大好き祐飛さん、の姿がほんとに微笑ましくてやっぱり宙組のみんなありがとうって気持ちになる(どこ目線なんや)ほんで途中で組長さんが泣いちゃって、それにつられて祐飛さんも泣いちゃって、読んでるこっちも泣いちゃって、ああ、退団って、退団って、寂しくって寂しくって寂しいですね!!!!!!!!!!

・祐飛さんラストインタビュー

ここでも「第一印象は最悪だったって言われること多いし」って言うてらっしゃる祐飛さん;;でも「だった」って過去形はつまり今はそうじゃないってことだもんね、そうだよね、祐飛さんのこと嫌いな人なんてこの世にはいないよね?そうだよね??そしてインタビュアーがわりとぶっちゃけててw退団するってこういうことなの?トップさんが退団する時ってみんなこれだけ話してくれるものなの?それとも祐飛さんだけ???(なきにしもあらず)「月組を出て花組に行く時は、ファンの方を一瞬不安にさせたし(中略)(落下傘について)ファンの方以上に自分が”大丈夫かな”と思っていたし」初めての組替えの時、お茶会でファンに向けて言うたという言葉(ついてきてくださいだいじょうぶですから、みたいな)にも惚れる。ゆうひさん男前すぎる。そしてインタビュアーが「月組時代、特に終盤頃、”大空祐飛はこれからどうなっていくのか・・・”と思っていたファンの方も多いと思うのですが」とかwそうなんだwwwww月組末期ってそんなにそんなだったのwwwwwwwほんとにこれ退団するときにしか言えないことだよね・・・笑って話せるようになってほんとによかったよね・・・(笑って話せずに退団していくひとのほうが断然多いとおもうもの)突き破れない最後の一枚の殻が花組に異動することによって破ることができたっていうのもいいお話。ピンチをチャンスに変えることができた祐飛さんのパワーが素晴らしいし、花組さんで得た新しい大空祐飛(たとえば銀ちゃんとか)(銀ちゃん見たい)で宙組に行けたのが本当に良かったって言うてらして、わたしの宙組に対するネガな思いを一掃する勢い(宙組すまんかった)「大空祐飛の持ち味が、陰と陽なら陰だった」「(男役としても人間としても非常に個性的だけど)”実は王道だった”」実は王道だった\(^o^)/ほんとに!どこか異質で異端でだからこそわたしの目をひいた祐飛さんだけど、宝塚の男役としてはこれ以上ないくらいにかっこよくってかっこよくってかっこよくって(だいじなことなので三回言いました)男役・大空祐飛という存在はけっして宝塚らしさからはみ出してはいなくてむしろ素晴らしい男役芸を見せてくれた稀代のトップスターなんじゃないかと!!!もうこの世に男役・大空祐飛はいないけど!!!その事実に絶望するけど、祐飛さんが残してくれたものはたくさんあるから少しずつ追いかけていきたいです。あと、「最初舞台で笑えなかった」ってくだりが刺さりました。このあたりの苦悩はもうちょっと詳しく知りたい。笑わない下級生ってフレーズ、どうしても気になる。そんな祐飛さんが!表紙で見せてるこの笑顔ですがな!!!!!!

・ゆひすみ対談

そしてゆひすみwっていうかすみ花wwwすみ花可愛いですね、ほんとに、わかりますよ祐飛さん^^^^基本的に意地悪なんけどw(ひどいよねぇw)(冒頭で、お忙しいのに快く対談を引き受けてくれましたぁ☆っていうすみ花に対して、快くはなかったよね、えっ、超忙しいんだけど!!って言うたよねwwwwwとかwwwwwww)すみ花が娘役として悩んでたってことに対して「知ってる。」て言うてすみ花らしい可愛さを舞台で前面に出すわけにもいかないだろうから苦労したんだろうなって 、人間は本質が大事だってことを常に言うてきたっていう祐飛さんが年上の大人すぎてすみ花がデレるのもわかるよわかりますって感じで、あとはもう「たわし事件」ですよね、あの髪の毛切った時、悩んでるすみ花と喧嘩して勝手にすれば!!ってなった祐飛さんが当日車で美容院まで駆けつけたとかもう言葉にならないですすみ花わかるよ!!!!!!!!!!!!!!!たわしは褒め言葉だ、それぐらい察しろってほんとに、ほんとに、ほんとにねええええ!!!!!!!!(すみ花わかるよ><><)雪山で綺麗に死にたい祐飛さんとwそれを見つけ出してしまうすみ花と怒り狂う祐飛さんというwwwなんのw妄想なのかwwwww棺桶に祐飛さんの写真入れるってほんとにどんな意味があるのすみ花wwwwwwそしてそれを言うと思った・・・な祐飛さんのやれやれな感じなwwwwwwwほんで、祐飛さんの言う「今まで私の窮地をすみ花が救ってくれたってことはそんなにないような気がするけど(笑)、人生最後の窮地は助けてくれるかもという希望を持ってしまう所はあるんだよね」ってなにこれ人生最期の時は一緒だよってことですか・・・ゆひすみフォーエバーー・・・(しろめ)

 

ネスレトークですみ花が退団のことについて、祐飛さんと一緒にやるってことだけに全力を尽くしてきたので祐飛さんと一緒に全うしたいって思ってたって言うてて、大変だっただろうけれども、祐飛さんという全幅の信頼を置ける人のそばで思い残すことなくやりきったーー!って言えるのってほんとうに幸せなことですよね、羨ましい。

祐飛さんはもっと大きくて重たいものを背負ってらした、って言葉にだーーーって涙が出てきました、ええ、ほんとに、トップさんって持ってらっしゃるものがわたしたちが見えてるもの以上にずっとずっと過酷なものなんだなぁってわかってはいるつもりだったけどずしんと心に響いてきて後ずさりしてしまうほどでした。

どの世界でもそうだろうけれども、真ん中に立つってきっと尋常じゃないほどのエネルギが必要なんだろうな。それを、上に立っているという立場が、割としっくりくる人間だった、ってさらりとおっしゃる祐飛さんの強さが、とってもまぶしいです。