茶の間でおま。

本とかテレビとか宝塚とか。

東野圭吾「疾風ロンド」(11)

 

疾風ロンド (実業之日本社文庫)

疾風ロンド (実業之日本社文庫)

 

え?コメディ?これはコメディですよね????国家レベルでちょう危険な生物兵器が盗まれてピンチだというのにイチミリの緊迫感もなくて、最後の最後まで笑いの連続でしたwwww「ばっかもーーーーん」って怒る上司とかw波平さんかよ!!!みたいなwww特に最後のオチが酷かったですwww解凍の進んだ冷凍フランクフルトwwwwwwwwwwwwフランクフルトwwwwwwなぜそれを選んだしwwwwwww絶妙すぎておなか抱えて笑いましたwwwwwwあとは「どどめ色」なwwwwwwwみんな検索したよね、わたしもしたよ!!青あざの色って書いてあったよwww

スケールがでかいのか小さいのかよくわかんなかったし、なんせほら、わたしって雪を心から憎んでるじゃん?スキーとかスノボとかに微塵も興味がないじゃん??わざわざ苦労して雪の上を滑るとか尋常の沙汰じゃないと思ってる人間なのでな、ゲレンデが舞台とか言われてもいっちょも心躍らんのや・・・栗林さんの苦労が偲ばれるわ・・・ところでこの栗林さんって湯川先生のところの栗林さんじゃないわよね?