茶の間でおま。

本とかテレビとか宝塚とか。

1991年月組「ベルサイユのばら」オスカル編

NHK大阪放送局限定番組「週末の夜は宝塚」でオンエアされたものを見ました。>多謝

これが!わたしが!!20世紀の最後に見た大劇場作品ですよ!!!

前の贔屓であるいつき吟夏さんの退団公演であります。

パンフレットと当時の歌劇を取り出してきました。

f:id:piroco165:20140423232611j:plain

 

めんたんといえば「川霧の橋/ル・ポァゾン」の印象が強くて(これが退団公演だと思い込んでたくらい)ベルばらのことをあんまり覚えてなかった・・・!つか、プロローグで小公子やったことしか覚えてなかった。と言うても過言ではないくらい。

贔屓の退団、という事実に頭パーーン、ってなってたんですかね・・・(笑えない)

そして当時の月組事情がカオスすぎて\(^o^)/そのこともまるで覚えてない\(^o^)/

特にりんりんです。りんりんがどのタイミングで退団したのか全然覚えてなかったんですけど、このベルばらだったんですね。

で、この時の娘1は誰なんです?

かなめさんのトップお披露目公演だというのに、相手役が明確にされておらず、ひしめく娘役たちが群雄割拠する様は壮観ではありますが、空気感が微妙すぎて見てられなかったです。だからこその、オスカル編、だったんでしょうね。

娘1の役どころが、ディアンヌ。誰?ってなったんですが、衛兵隊アランの妹で、なんと一幕の終わりあたりで自殺して退場してしまうんですよ・・・!そして、フィナーレまで出てきません。そんなばかな。いかにカオスだったかがうかがえますよね。作った人たちもさぞ苦労されたことであろう。だからそこはりんりんを素直に相手役に置けばよかったものを!!!!!歌劇の退団発表記事読むと、はっきり「結婚のため」退団って書かれてるんですよね。もし本当のことならばおめでたいことだと思うんだけれども以下自重。

わたしが好きだった月組は、ウタコ・ミミの退団によってなくなってしまったのだわ、だからそれ以降の記憶がないのだわ。

残された人たちにとって酷い言いがかりなのは百も承知ですすみません。

f:id:piroco165:20140423233433j:plainf:id:piroco165:20140423233446j:plain

プロローグのテロップと、クレジットに名前が入ってることにもう号泣です、これは退団の餞なんだろうなと思うんですけど、歌劇の座談会で大劇場のセンターで歌うのはこれが初めて(そして最後><)と言うてらっしゃるのがまた><><ほんとうにどうして辞めてしまわれたの><><そもそも東京公演を待たずに大劇場千秋楽で退団、っていうのが解せないです。いったいどういう事情があったの。何がめんたんをそうさせたの。誰か答えを・・・そうでないといつまでも成仏できない気がします、わたしが。

本編中では衛兵隊の一員・フランソワ。小公子から打って変わってのビジュアルで、一度で二度楽しめる仕様となっております。いい位置に立たせてもらってていっぱい映り込みもしてて、うう、これも餞だったんでしょうか・・・;;

f:id:piroco165:20140423234713j:plain

じゃっかんおもしろい表情なのはわざとですごめんなさい。

気になるのがちょっと痩せすぎなのでは、と心配するような面影で、そこに退団理由があるのではないかと勘繰ってしまったり。歌劇の楽屋レポートで組子のみんながめんたんに向ける「お幸せに」という言葉にもしやと邪推してみたり。ほんとにわたしが浮かばれないので誰かほんとのことを教えて。

最近見たまさみりdeベルばらと同じセリフや展開が多くて、ついつい比較してしまいましたが、当時のかなめさんが研11で天海祐希が研5(!!!)。まさみりはまさきさんが研13、みりお様が研11(くらい)。と思うとかなめさんまじ恐ろしいですね・・・って震えました。オスカルのお芝居がこれほどまでに自然で嫌味がなくて、ってまさきさんがそうじゃないってわけじゃないんですけどwでもまさきさんのオスカルはやっぱりどれもこれも過剰だったと思うし、まさみりでやるオスアンだからこその意義というものが大部分を占めていたと思う。その点においてかなめさんと天海祐希のオスアンは年季が足りませんよね、どうしたって。二人の間の絆というか、見えないものを見てる側が想像する余白というものがないんですよね。それはまさみりの強み。

NHKさんがいろいろとおもしろい編集をしてくだすっててwアンドレやオスカルが撃たれて倒れる場面でスローモーションになるのはwwwまぁ、それを上回る映像シーンなんかが展開されて(まるで記憶にない)オスカルが白馬で疾走する映像とかなんですのんwwwwwwwって時を経て大笑いしましたwwwwwwwトンチキさいこうですよね!!!

フィナーレではめんたんは小公子のお衣装で階段降りしてました。

銀橋のぎりぎり下手側が定位置だったような気がします。ええ、わたしはそっちの方向ばかり見てましたね・・・(号泣)

f:id:piroco165:20140424000802j:plain

画像が粗いけど、このかなめさんのスポットライトをもらってるのがめんたんです。

100周年という節目の年にわたしが宝塚の世界に戻ってきたこのタイミングでこれをオンエアしてくれたことの奇跡に感謝します。