茶の間でおま。

本とかテレビとか宝塚とか。

西澤保彦「探偵が腕貫を外すとき」(24)

 

探偵が腕貫を外すとき

探偵が腕貫を外すとき

 

腕貫探偵シリーズの最新作。

あれ・・・?わたし前作(「モラトリアムシアター」)読んでない・・・??

というわけでずいぶん間があいてしまったので、腕貫さんの基本設定以外はすっかり忘れておりました。安楽椅子探偵ものの短編集です。読みやすい。

そんなわけあるかいっちゅうようなオチがほとんどなんですけれども、最終編の「いきちがい」に出てくる大輔くんが老若男女を(性的に)手玉に取るスーパーキャラでうわぁわたしの苦手な西澤さんっぽい・・・ってドン引きしました。エキセントリックなセクシャリティとかなしですむならそれでお願いしたいです!

「贖いの顔」

「秘密」

「どこまでも停められて」

「いきちがい」