茶の間でおま。

本とかテレビとか宝塚とか。

2008年月組博多座「ME AND MY GIRL」

まさきさんのジャッキー見ました!

 

ジャッキーがデカい!登場シーンからして一番デカい。ピンクのワンピースに違和感しかないくらいにデカい。当然ジェラルドよりもデカい。手も足も長いんだけど、長すぎるんだよおおお!ランベスウォークのシーンの色味が抑えられたロングドレスは素敵なんだけどさ。

これがmsmrの役替わりの始まりの作品だったのかと思うと感慨深いです。ジャッキージェラルドで始まった二人がオスアンで終わる。男女の絡みというとこの二つだけなのかな?

こたびのわたしのミーマイ祭りにおいてこれは四作品目になるのですが、まさきさんの歌う「トップに上るわぁ」が一番グッとくる。今に見てごらん。まさきさんの心の声が聞こえてきそうで。

まさきさんのジャッキーの最大の見どころはもちろんソファの場面です!!!なんなのあれ!!!!!見えてるどころじゃなくてむしろほんとに露出罪でつかまってしまいやしないかとしんぱいになるくらいにおっぴろげてて()その潔さというか豪快さがまさきさんらしいなと思うと同時に太ももにくぎ付けになりました。だってなにあの太もも・・・!直近のだるまさきでもそれはそれは太ももが大いに話題になりましたが、それとこれとはちょっとまた次元が違うというか、太ももどころの騒ぎでないというか、つまりお尻なんですけれども、見せてるものと見えてしまったものには大きな違いがあって、惜しげもなく晒してくれるまさきさんの心意気を汲まなくてはとひっしに目を凝らしたのですが、なんすかあれは!!!!!!!!!!!(逆ギレ

やっぱりまさきさんのジャッキーとみりお様のビルでこの場面が見たいよう。

みりお様のジェラルドはどこからどうみても年下DTにしか見えなくてwまさきさんにどんなに邪険にされても無碍にされても懲りずにジャッキージャッキーってまとわりつく姿は健気ですがどこからが虚構でどこからが現実なのかとその境界線が曖昧でしたね。あれ、これベルばらでも感じた感覚・・・?

一幕終わりのランベスウォーク前の、パーティなのよ、の場面のみりお様がだいすきです。みりお様の「ジャッキー!!」の言い方がとても好き。「きみはつめたい!!!」まさきさんの後ろに立ってキャンキャン吠えるみりお様と、一瞥もくれずに楽観的なまさきさんの対照的なところが。

最後あたりでまさきさんがみりお様に平手打ちされて喘ぐところではもうあのちょっとどうしてくれるんですかねwwwwwwwwwつかこのシーンおかしいね?ぶたれることで愛に目覚めるとか酷いジョークですね?

霧矢さんのビルは想像通りの安定感で、しずくちゃんのサリーはすでに新公で見たやつでしたね。わたしが一番好きなサリーはちゃぴかなぁ。ちゃぴの「顎で受け止めてスマーイル☆」が一番切なくて好き。

 

花エリザの配役が発表になってざわざわと落ち着かないみりお様界隈ですが、誰がみりお様のお嫁さんになっても納得なんてできないだろうし、それなりの苦労をされるだろうなぁと今からちょっと憂鬱な気分なんですが、それならいっそあさこさんの時みたいに娘1不在で・・・とか思ってしまって、いかんいかん、あの時のカオスを繰り返してはいけないのだ、と首を振るんだけどでもその繰り返される黒歴史はすでに始まってるような気がしてならないです。ぶるぶるぶる。