茶の間でおま。

本とかテレビとか宝塚とか。

柚希礼音様、お疲れ様でした。

本日四時、ついにちえたむの退団が発表になりました。

ちえたむは、四半世紀の時を超えてわたしを宝塚の世界に戻してくれた人なので、これからもずっと特別な人であり続けるでしょう。わたしの知ってるちえたむはほんとうにかっこよくって、大人で、でもお茶目で、つまりはドラント様なんですけれども!!ドラント様がいなかったらわたし宝塚には戻ってこなかった。過去の想い出の中でだけ生き続けてた。現役生の舞台を見たいと思わせてくれたのが柚希礼音というスタァでした。トップで居続けることにどれだけのエネルギが必要であるかなんて想像するしかないけどでもそれは苛酷であったに違いなく、それをやすやすとこなしていたように見えたちえたむのバイタリティには敬服するしかなく、生命力の塊のような存在にただただ圧倒されてきました。長い間、お疲れ様でした。

これで、わたしが宝塚に戻ってきた時のトップさんのうち4人が卒業されることになり、残るはまさきさんだけという。ええ。もう、覚悟しかないですよね。蘭とむさんの卒業でものすごくショックを受け、続く壮さんでとどめを刺され、かなめさんの時にはすでに麻痺していた感覚が急に戻ってきていろんなことがとっても痛いです。

確実に時代が変わる。

まさきさんがトップオブトップという時代の到来に、ただ嬉しいっていうきもちだけじゃないのが複雑です。

来るべきその日への覚悟を決めたというかいよいよ現実味を帯びてきたというかとうとう順番が回ってきたかというかいや順番とかなんにも決まってないけどさ!いやいやでもここは現実的に次だろ、っていう葛藤というかとにかく鈍感になってた自分の痛覚が覚醒してきたことに少し泣きました。

気になるのは星を継ぐのが誰であるということなのですが、どうか順当にべにーが星1に上がりますようにと願わずにはいられません。