茶の間でおま。

本とかテレビとか宝塚とか。

真保裕一「アンダーカバー」(43)

真保さんの新作読みましたー。

 

アンダーカバー 秘密調査

アンダーカバー 秘密調査

 

わたしが思う、真保さんらしい小説でした。アマルフィ的な。

安心の真保ブランドだったのですが、安心すぎてちょっと退屈だったのも正直なところ・・・わたし、カタカナが苦手なんや・・・中東あたりの人の名前とか覚えにくすぎて相関図がしばしばわからなくなって混乱しました。これはわたし側の事情だけれども。一気読みするに限る。

救いのない話なのかと思いきや割と素直に展開していって、いったい誰がどこでいつ裏切るんだろうと構えてたのにそんなことはなくて(伊刈さんのファンクラブ二名が怪しいと思ってた)どんでん返しという面では肩透かしだったのですが、長い年月をかけて友情をはぐくんだであろう二人の最後の電話にちょっと感動して泣きました。