茶の間でおま。

本とかテレビとか宝塚とか。

堀田あけみ「花のもとにて」【再】(44)

百合本を読もうキャンペーン中です。

 

花のもとにて (角川文庫)

花のもとにて (角川文庫)

 

何年ぶりだろー。全然内容覚えてなくて骨壺出てきたあたりでこれか!!!って思い出したんだけど、骨壺の話はてっきり図子慧作品だと思ってた。堀田あけみだったか。

どっちにしても病んでる感じ。

でもわたしの記憶の中の想い出とは全然違う読後感でした。やっぱり年を取ると感じるものも変わってくるのかな・・・。もちろんそれだけじゃないと思うけど、人間的にダメな男でも好きになってしまったのだからしょうがない、だって好きなんだものっていう開き直りっぷりと、命懸けで人を愛するっていう仕組みがだいたい「イノセントガール」と同じで亜々子は亜蓮っぽい。

この作品では、最初は毛嫌いしてたはずの亜々子を愛してしまう後輩・響子というキャラが出てくるんだけど、その彼女の想いが唐突すぎたし、亜々子がバイであることもそうだし、ふたりの関係がそこまで深いものには思えなくて、さらには自分の愛した人がこの世で一番愛した人への嫉妬から相手を一生束縛してやろうと決意する飛躍っぷりがもう。堀田さんの激しすぎる恋愛観にお手上げ。年取るとこういうのはちょっと・・・ってきもちになる。ツラい恋ならやめなよ、って思うから。大人になるっていろんな感情が少しずつ摩耗していくってことなのかな。