茶の間でおま。

本とかテレビとか宝塚とか。

2011年雪組「ロミオとジュリエット」

まさロミとみりロミの映像を交互に観てはあれこれ見比べるというきもちわるいことをずっとしてたんですけれども、月組よりも前に公演されてた雪組さんの映像を持ってたことに気付いたので見ました。昔も今も雪組さんはいちばん馴染みのない組なんだなー。

なんと!

コマちゃんが!!

乳母!!!

びっくりです。コマちゃんが乳母。はっはっはー!の歌を歌うコマちゃんとか、軍艦だぜ~とか言われるコマちゃんとか、なんか想像外すぎてすんごいびっくりしました。月組では専科の美穂圭子さんがされてた役で、さすがの貫録というか、風共でいうマミーポジションなのかなと思ってて、なのでまさか若手男役がする役とは思ってもみなくて、ええ、度胆を抜かれました。美穂さんに比べるとそりゃどうしても貫録不足なんだけれども、歌はとてもよかったし、コマちゃんの歌がこれほどまでに堪能できたのは初めてなのでは。いや、よかったです。フィナーレでもせしこ氏と並んで女役を貫いてたし、ああ、これが次のPUCKでのヘレン役につながってるのかなと合点がゆきました。ヘレン役を知った時には、なんでや、って納得いかなかったんですけれども。

あと、この公演は音月桂さんのお披露目公演で、それは月組と同じ設定なんだけれども、ロミオはもちろん役替わりなんかじゃなくって、東宝千秋楽映像ということもあってかアドリブだなーってわかる場面があったりして、チギちゃんはじめ組子のみんなの盛り上げようってきもちが伝わってきて感動しました。そういうの、月組ではなかったよね・・・。

あと配役でびっくりしたのが、二番手役がマーキュシオだったってことですよ。階段降りからすると、ロミオ→マーキュシオ→ベンヴォーリオ→ティボルト、の順番なんですよ。明らかに月組版と様子が違ってて動揺しました。

チギちゃんと音月さんの関係性が垣間見えた分よけいにおもってしまうんだけれど、美弥ちゃんのマーキュシオとまさきさんのロミオの間にはあれほどの濃密なものはなかったよね。それはしょうがないことだとおもうし、配役が作用した結果だとおもうんだけれど。

あとはなんというても、娘1のモザイクっぷりですよね。月組でも娘1の不在の時代というのはあったし、男1ほど確固たるものがないのかなとおもうんだけど、それでもお披露目の時に娘1が不詳なのはもんやりする。何かに振り回された人たちがとても不憫。

それから、退団者の挨拶映像を見て、まさきさんのお披露目の時にさよならを言うひとがいなくてよかったな、っておもいました。

やめるなら、まさきさんと一緒がいい、ってそうおもってくれる人がいたらいいなってちょっとおもってます。

初演の星組さんの映像がないのでそれも見てみたいです。ちえたむとねね様のロミジュリとかちょっと次元が違ってそうでこわいですw