茶の間でおま。

本とかテレビとか宝塚とか。

長岡弘樹「群青のタンデム」(54)

連作短編警察小説。

 

群青のタンデム

群青のタンデム

 

割とあっさり時間が過ぎてくなーっておもってたんですけれども、読了後にこれが壮大な愛の物語であるとわかった時にはドドーンときましたね。いや、お、おもいっす。

即再読の旅に出ました、なるほどなるほど、そうですかそうですか、張られた伏線をちゃんと自分で回収できたのかは自信がありませんが、なんとか自分の中では合点がいったのでスッキリしました。お互いに関する感情を一切描写せず、ただ起きた事柄の裏側にあったであろうお互いの存在感というものが「白夜行」を彷彿させました。ただ極限までシンプルに削られた文章が、あっさりしてるなーと感じられた原因だとおもうんですが、それは最後まで貫かれてて、多くの言葉で語られないこの物語の全容は確かに後をひきました。タイトルもじわじわくる。虐待する大人なんて滅びればいい。