茶の間でおま。

本とかテレビとか宝塚とか。

2013年花組「Mr. Swing!」

みりお様が花組に来られてからの作品を初めてちゃんと見ました。

二番手としてぶっこまれるってこういうことかとちょっと動揺してしまいますね。花組さんの中にみりお様がいらっしゃることの違和感・・・わたしの中でちっとも整理がついてないことに気付いて愕然としました。

それにしても蘭とむさんの余裕に圧倒されましたね・・・これが大人というものかと・・・!いやわたし同い年なんですけどね、同い年なんですよ・・・あわわ・・・

蘭とむさんの周りを占める人たち(春風弥里さんとかみつる氏とかよっちさんとか)が今ほとんどいらっしゃらないという事実とさらには望海さんとか一花さんも次の公演からはいらっしゃらなくてまさに総入れ替えの様相を呈しててその筆頭がみりお様なわけですよね。もはや何組なのかわからんと言われてもいたしかたのない状態・・・そんな中でまいれいとか若い花男たちの姿を見るとほっとします。特に冴月瑠那ちゃんなんですけれども。突然わたしの前に舞い降りてきた天使(正気です)。あのみりお様に似てると噂の。ええ。確かに似てますよね、でも全然違う。似て非なるもの。まったくのべつものです。わたしが瑠那ちゃんに惹かれる理由にみりお様は何一つ関与してない。そして正直に言うならばaklnなんですよ、申し訳ないんですけれども!!!(土下座)いやほんとに花組さんの事情とか全然知らなくてaklnとかもほんのりは知ってたしおとめだって持ってるんだけどへーーくらいにしか思ってなかったんですけれども、ひどく合点のゆくakln(と同時にmsmrさらにはtsyr)(すみませんここでtsyr堕ちを告白します)(いや正直に言うとtsyrではなくてただのとし子センパイなんですけれどもまぁそこはどうでもいいです)をもらってドツボにはまりました。ちょっと誰か責任とってくれませんかね。っていうレベルで。知らない分際で何を言うのだって感じなんですけど、知らないなりに感じるのは彼女たちの持つ余白部分ですよね、見てる方の心をざわつかせるものをもつその余白に今はトキメキが止まりません。その余白がわたしを惹きつけてなりません。恐るべし花組の底力。

プロローグの黒スーツも素敵だったし、中詰めでの銀橋での歌い継ぎもゾクゾクしました。まいれいの間に大河凛ちゃんが挟まれてるの見たりすると、はー、ってなったし、あとやっぱり瀬戸かずや氏の求心力がパなくって抗えないです。彼の前でわたしは非力だ・・・!そして彼に葡萄のシーンで女役やらせたことな!!ゴツいのにエロい。なんじゃこりゃ・・・!ってテレビの前でがっくり膝つきましたよ・・・これは反則技すぎるぜよ・・・あの目隠しのやつがあかん・・・ほんでなんやって、これをキキちゃんと柚香光くんも役替わりでやってるって???(み、みたいような見たくないような)(あきら氏のインパクト強すぎるのでこのイメージをだいじにしたいです)

階段降りはその時々の序列を知るうえで大変べんきょうになるんですけれど、この時の階段降りが誰も彼も楽しそうですごく素敵で銀橋渡る前に下手側と上手側が舞台中央に出た時にうおりゃっ!って肩ぶつけあってちょう笑顔だったあきら氏に殺されるかと思った。それからこの階段降りのみつる氏が超絶かっこいいです・・・(辞世の句)

 

花組というカラーの中でどうしても異彩を放つみりお様の存在が、おそらく、徐々によい方向へと向かっていくのだろうと期待はしてるのですが、それはまだまだ未知数で、みりお様頑張って、って応援はしております。みりお様に対する、心配してるけど信じてる、っていうスタンスは変わらないです。