茶の間でおま。

本とかテレビとか宝塚とか。

2012年花組 蘭寿とむコンサート「Streak of Light -一筋の光…-」

冴月瑠那ちゃん伝説のリベルタンゴの場面を楽しみに視聴しました。

わたしのるなちゃんブームの需要を汲んでくれるスカステさんに感謝☆できれば花と月のNEW WAVEを早急に再放送してください・・・!(誰だ捕獲した映像を消去したのは)(わたしだ!!!)(心の底から後悔してますわたしがバカでしたすみませんすみません)(どうしても知らない子ばかりの演目はプライオリティが低くなってしまうんや・・・)

コンサートっていったいなんやねん、ってところからなんですけど、これを見る限りショーの長いバージョンっぽい・・・?

参考のために真矢みき武道館の映像は見たんだけど、これは武道館っていうのもあるかもだけどまさにコンサートって感じで、初めて動くお客さんを見たのは初めてだぜ!!って言うのを聞いて、せやな!って思ったんですけど、ちえたむのREON!も見てみなくちゃだなー。

そして目玉のリベルタンゴですが、評判に違わずすんばらしかったです!全体を通して言えることなんだけど、これはわたしの知ってる花組だ、ってとても思いました。いわゆるダンスの花組というやつです。わたしが知ってる花組さんは、なつめさんの時代でしかないんだけれど、特に後半メンバーが白いお衣装で入れ替わり踊る場面は圧巻で、ああそうだった花組だったって感動しました。

女役するるなちゃんは確かに妖艶でさすが男役という力強さもあって目を惹くんだけど、でもやっぱりゴツくて。なんだろう、首飾りもしっくりこなくて、ビジュアルだけで言うてもそんなにときめかない。髪形がもっさりしてるのもあると思うの。るなちゃんの作品を少ししか見てないけど、まだるなちゃんのパリっとした髪形を見られてないってふまんです。この時も襟足が長くって、とっても中途半端なんだよね。男役のシーンでもそのせいかふんわりとしたシルエットになっててもったいないなーってずっと思いながら見てました。きれいなリーゼントが見てみたいです。その点あきら氏は完璧ですよね、惚れるしかないですよね、いや、困るんですけど!この公演ではなにか本調子でないような遠慮してるかのようなたたずまいでもどかしいなぁっておもったんですが、それでも時々目に飛び込んでくる姿はやっぱり完璧で勝てる気がしないです・・・ところであのオーディションの場面はどう受け止めればいいんでしょうか。るなちゃんのキャラ設定がリュック背負ってる系のおたく男子で猫背気味に上目遣いでおどおどといる様がなんともあざとくて!!!!(逆ギレ)女役もできるダンサーって聞くとどうしても華奢なイメージがあるじゃないですか。でもるなちゃんは決して華奢ではなくてキュートではあるけれどもわたしの中ではそんなに女役需要ないです。むしろ男役でバリバリやってる姿のほうがときめくし、小柄なのかと思いきや全然そうじゃなくって、鏡の場面で蘭とむさんの後ろの4人口に入ってるところではほんとうにかっこよくって。ビジュアルにブレがあるのが謎すぎるんだけど(おとめの写真とか酷くね!?)(誰!?ってなるよね!?)(誰得なのかと問い詰めたいおとめの写真たち・・・)今はかわいいるなちゃんよりもかっこいいるなちゃんがほしいです。

あと特筆すべきは舞月なぎさちゃんがとっても素敵でした。るなちゃんの黒天使トークでも可愛くってチェックしてたんだけど、スタイルもよくって笑顔が爽やかでわたしのハートをつかみましたね・・・マイティ好きだよマイティ・・・ああ、こうやってどんどん守備範囲広げていって自分で自分の首絞めるんですよねわかってます萌えはあらゆるところに転がってるんですよね地雷危険。まさコマとか好きだけどそれは決してそんなんじゃなくって、なのにここのところ花男さんには同期萌えを教えていただいてほんと桃色吐息ですぅー。