茶の間でおま。

本とかテレビとか宝塚とか。

2013年月組全国ツアー「JIN-仁-/Fantastic Energy」

謎の患者と揉み合って落下するときのまさきさんの「あぁ」って声がけしからんかったです!!!

配役表見ながら映像観るのが好きなんですけど、全ツは記録も少なくて把握できないのツライ・・・謎の患者役は誰ですか・・・あのなんか光る玉もって踊ってるのってなんなの・・・優ひかるくんいるよね・・・解説がほしい・・・!

ちょうど一年前の全ツ公演、わたしはまさきさんにはまりたてで、行きたくて行きたくてしょうがなかった梅芸が果てしなく遠くとてもツラかった想い出。行けない現場に思いを馳せて泣いておりました。流れてくるレポのひとつひとつにもんどりうち、いつになっても慣れないこの感情をずいぶんと持て余しておりました。梅芸の初日にはみりお様が降臨され界隈に衝撃が走り、まさきさんが盛大にスルーされたというその様子に人知れず胸をいためましたっけ・・・msmrとは、とふたりの業に思いをめぐらしたものでした。そんなあれこれを経て、この秋には大劇でアレでしたからね、ええ、ほんとうにまさきさんによる壮大なツンデレのオチを見られてしあわせでした。とてもよいお答えをいただきましたありがとうございました。

まさきさんはどこまでもイケメンでおもしろおかしくて()竹馬の時のアドリブ(千秋楽は風共ネタだった)の時にはふつうに関西弁になっててただのまさきさんだったことも当時タカニュで見たの覚えてる!!!ってテンション上がりました。コマちゃんとの絡みも楽しくて、まさきさんのお芝居がほんとうにおもしろくてwちょっと待ってw南方先生wwwって何回もなったのだいたいコマちゃんのせいな気がする!うううう、コマちゃんがもうまさきさんの隣にいないのほんとうにさびしい><><

そしてとし子センパイですよ、佐分利先生ですよ。

「NEXT STAGE」のコーナーで挙げてらしたターニングポイントとなった作品三つの中に入ってる役で(あとは「エリザ」新公ルキーニと「春の雪」飯沼)(わたしは早く「春の雪」を観なくては)(何度目)関西弁が難しかったって言うてらしたのが印象に残ってたのですが、なんのなんの、ちゃんと立派な関西弁でしたとも!!!!(贔屓目?)(なにそれおいしいn

関西弁にはうるさいんですけれどもとし子センパイの関西弁はまったくひっかかるところもなく、いつもよりも高めの発声でテンション高くてそれと関西弁があいまって佐分利先生というキャラクタを存分に表現されてたとおもいます。ええ、すばらしかったです。トーク番組でのとし子センパイとは違って早口でまくしたてるとし子センパイは新鮮で楽しかったし、生真面目な役のからんちゃんとキャンキャン言い合うの可愛かったー♡

あとはベリーキュートな響れおなさんがいっぱい歌ってらしてセリフもいっぱいあってさやかセンパイ満喫できたのうれしかったです。全ツならではの濃厚さがたまらんですた。いなせなたまきさんが江戸っ子似合いすぎて、いつか「川霧の橋」を再演するのはたまきさんなのではと思わせた。今のまさきさんの月代も見てみたい。ちなっちゃんのお侍さんもキリリと麗しかったです、う、う、う(寂)

お話のほうは、わたしはドラマ見てたので人物相関とか設定とかわかるから理解できたけどこれ初見のひとには厳しいのでは・・・って雪組作品よりも端折られてる部分もあるようなので、ダイジェストすぎて、で、結局なんだったの???ってなりますよね。つか、亡くなった恋人とそっくりな人とタイムスリップ先で結婚して、意識はそのままに現代に戻ってきて、恋人が亡くなってなかった!!ってなんかハッピーエンド風になるの間違ってますよね?あのあとまさか結命と結婚したりなんかしませんよね?愛する人を突然失った咲さんのショックたるや。よくぞそこで立ち直って医療の道を邁進されましたよね。しかもちゃんと子孫を残して(このあたりの説明もなかったけど納得できないよね)やっぱりタイムスリップものって風呂敷のたたみ方に納得がいかないことがあるので諸刃の剣であるよなぁ、というのが感想です。

初演の雪組さんバージョンは未見なのでこれから見たいと思います。

 

で、ショーです。

全ツって特にショーでは人数少ないのがさびしい、ってなるんだけどそれでも濃縮されてるから満足度は高い。いない人の名前を思い浮かべて切なくなるけど、濃縮された部分がそれを補って余りある。そんなショーでした。

関取さん関取さん邪魔邪魔だー、のプロローグがとっても楽しい。スカレーットに向けて髪伸ばしてるであろうまさきさんの髪が長い。みっちゃんんのEnergy!の場面でのひびちなが眩しい。白いお衣装で踊るれおなさん輝きすぎて泣けてくる。この演目見てるとれおなさんについていろいろ考えてしまうんだけど、れおなさんのことを不遇だとか言うてはいけないんでしょうか。成績だって上位だしビジュアルだってベリーキュートだし、今のわたしの好きな月組のふんいきを作ってるのはれおなさんだと言うても過言ではないとおもってます。まさしくムードメーカー。もったいない、いろいろもったいない、ってれおなさんを見るたびに思ってるんだけどこの全ツではその魅力が余すところなく堪能できてすこぶる満足です。

中詰め歌い継ぎに(ちなっちゃんのソロはあるのに)(かちゃパート)とし子センパイがいらっしゃらないのがすんごい気になってしょうがなかったんですけどそれを補う場面がロケットボーイなんでしょうか。高音にときめきがとまらないです。ほんっっっとうに歌が上手いよなあ!!!!っておもうんだけれどもそれを本公演でなかなか思わせてくれないのがざんねんすぎる。先だってのクリスタルズでも、たまきさん含め本人の音程に合わないパートをあてがわれ(てたように感じた)てて、違うとし子センパイの本領はこんなもんではないって悔しくて歯ぎしりしました。もちろんどんな曲でも歌いこなせなくちゃいけないんだろうけれど、せめて宛書で曲を書いておくれよとは思いましたね・・・クリスタルズいろいろ惜しすぎた。

あと注目すべきはロケットの優ひかるくんです!ちんまい娘役さんに交じって三人だけ男役さんがいるんですけど、惜しげもなく美脚をさらしてくれて中低の端っこで満開の笑顔を見せてくれるのがとっても素敵でした。