茶の間でおま。

本とかテレビとか宝塚とか。

2013年月組「THE MERRY WIDOW」

みっさまの次郎吉公演を祝って視聴しました。

全ツにいなかったメンバーがここにいたーーー!!!やだもう俺の月組子たち孫すぎて可愛くて泣ける><><><しかしそれ以上にみっさまがおもっしょくってやられた><><><これが今梅芸で繰り広げられてるのね!(違います)(今梅芸でやってるのは次郎吉です)(タイトルで言え

千秋楽だけあってまるで原型をとどめていないであろうアドリブてんこ盛りでゲラゲラ笑い転げたんですけれども、そのみっさまを笑わせたマギーさんすげえな!オイ!!

そして下級生たちにもセリフがあって活躍しててまた目から汁が・・・孫ォ・・・特にありちゃんの抜擢っぷりがすごくてちょっとやりすぎなのではっておもったんだけれどもその想いを跳ね返すかのような堂々たる舞台に唸らざるをえませんでした。恐るべし暁千星。

これを見た時のわたしは、みっさまが次期星トップであることを知っているから、だからなんというかまた当時漂っていたいろんな思惑とはズレているとおもうんだけど、いつだって背水の陣で挑まれてきたというみっさまの御覚悟とその結果にはやっぱりさすがだなっていう思いしかなくて、次郎吉のレポを見てても、みっさまの元で伸び伸びと舞台を満喫する組子(というのもおかしいけれども)たちの様子に目頭を熱くしております。でも、それは、やっぱり正二番手がいない組だからこその専科降臨だとおもうのです。月組に正二番手がいれば、この演目だってなかったはず。今の花組さんも同じ。みっさまに匹敵するような二番手がいれば、専科生を主演に据えた公演はないとおもうのです。その是非はともかく。やっぱり二番手の存在というのは大事だよなぁと改めておもった次第。

先に見たルパン新公のキャストとかぶってるところが大きくて、月組新公のクオリティの高さはこういうところに由来するのだなと納得しました。あーさと蓮くんの並びには戦慄しかない。眩しすぎて目がつぶれるぅ><

そしてゆりちゃんです。わたし、とし子センパイに堕ちる前はゆりちゃん派だったんですよ(知らんがな)(ちなみにそもそもの初めはとしちゃんだった)(その後ゆりちゃんに目を奪われ、さらにその後力づくでとし子センパイにすべてを奪われた)(言いがかり)ロイヤルゆりちゃんと散々言われるそのノーブルな印象とケチの付けどころのない美しさはそのままに、そのゆりちゃんの口からゴ○○リなんていう言葉が出ようとは!!!!これは!なんという!!プレイか!!!(プレイではない

あきさやさんと並んだ時のゆりちゃんの背の高さに、ああそうだったゆりちゃんは背が高い人だったのだと思い知らされてときめきました。ほら、わたしってちんまい属性じゃないですか。その反動なのか、背の高い人の背の高さに気づいた時のときめきといったら尋常じゃないんです。ふだんは気づかないんだけど、ふとした瞬間に、ああ、そうだった背が高いんだった、って気づいちゃってうっかりときめいちゃう。それがゆりちゃん。そして、まさきさんなのです♡(結局

ジョーといいギリギリといい春海ゆうくんといい、どこをとってもはずれのない月組子ちゃんたちさいきょうすぎですきすぎる。

咲妃みゆちゃんの今のご活躍を思うと月組での経験が今のゆうみちゃんを作ってるのだと誇りに思うし、娘役二番手の活躍だった琴音和葉ちゃんの姿に感動し、なつこさんや白雪さち花ちゃんの頼もしさに涙し、月娘たちの未来にどうか幸あれと祈らずにはいられませんでした。