茶の間でおま。

本とかテレビとか宝塚とか。

桐生夏生「だから荒野」(11)

ドラマの原作本読みました。

 

だから荒野

だから荒野

 

新聞に連載されていたもので、当時も打ち切りか!?って評判になったようですが、いやまぁこれをなぜドラマにしようと思ったのかがよくわかりません。

とりあえず亀田さんにおけるすべてが投げっぱなので小説ひどかった。

途中までは割とドラマと同じ展開で、文字で描写される分夫婦のお互いの心情なんかがわかりやすかったんだけど、長崎に行くまでの道程とか長崎に行ってからの暮らしぶりとかが違ってきて、亀田さんのエピソードとかまるっとないし、亀田さんとはなんだったのかというアレでしたね。

山岡さんの犯した罪というのも全然違ってました。自分は家族を持ってはいけないと自分を律するほどの説得力はドラマのほうがありました。長崎という意味もこめて。