茶の間でおま。

本とかテレビとか宝塚とか。

2003年月組「シニョール・ドン・ファン」

NHKBSプレミアムでオンエアされたものを録画視聴。

紫吹さんトップ時代のものは「大海賊」と長春に続いてみっつめ。

いやもう紫吹さんのお化粧と髪形に出てきた瞬間固まりましたよね・・・なにこの油絵・・・顔がピカソ・・・ほんとにこれが正解なのかと誰かに聞きたくてしょうがなかったです。

それでもその濃さがだんだん気にならなくなっていって、紫吹さんかっこいい・・・って言い出すから紫吹さんこわい。所作とセリフ回しと抜群のスタイルが醸し出す「男役」がほんとうにかっこよかったです。

しかしながら新専科から二人が降臨してて、ただでさえ霧矢さん・ゆうひさんと番手のついたスタァがいる中でこれはないだろうとその苛酷さにくらくらしました。だってフィナーレで大羽根しょってるのが三人でさらに二人も羽根しょってるんですもの・・・豪華でいいけどさぁ。さらにはその新専科からの汐風さんの退団公演ってことでおいしいところをかっさらっていってて、新専科とは、って無言になりましたよね。男1と娘1が恋愛関係にないということにもえーーってなりましたが、これはまぁ月組の次の演目でもそうですからね、珍しいことではあるけれどもないこともないよねって思えた。

まさきさんは研3で確認できたのは浜辺の少年の場面だけでしたが、ピンクのボール持ってはしゃいでるまさきさん可愛かったね・・・なつこさんも可愛かったね・・・。

そしてこれは89期生の初舞台公演でもあったのですね。ロケットを目を凝らして見たんだけど、どれもこれもみっしょんかカチャにしか見えなかったwwwかろうじて望海さんかな?ってお人がわかったくらいでみりお様とかどこにいらしたの。初舞台生ロケットはもうそれだけで泣けてくる。この中に七海さんとか美弥ちゃんとかもいたのかぁって思うとほんとうに感動的で、見られてよかったです、全然見つけられなかったけど!