茶の間でおま。

本とかテレビとか宝塚とか。

2013年雪組「Shall we ダンス?」新人公演

スカステでオンエアされたものを録画視聴。

れいこちゃん新人公演初主演作品。

真地くんがよかったよー!

エラのフェアウェルパーティーで最後にパートナーを選ぶ場面でドラムロール鳴る時にメガネ外してスタンバイオケー!ってして隣のクリストファーさんに小突かれたのがちょー可愛いんだけど!!ってジタバタしたんだけど、本役さんはどうしてたんだろうかって確認してみたらそもそもメガネなんてかけてなかったーーーッ!!メガネ男子なの真地くんだけだったー!!・・・恐るべし真地くん。背も高くて舞台映えするし、セリフ回しがとても耳に心地よくてうっとりしたから、あとは歌を聞いてみたいです!

そしてカリ様がいやなやつでひとこちゃんがいいやつだった(役名で言え

ひとこちゃんのチャラっぷりが最高にチャラかった・・・あんなホストおったらそらナンバーワンの座なんてほしいままやで・・・近付いたらあかん人種でした確実に。こわい。

れいこちゃんは美しかった。この人のたたずまいはほんとに凛としてて張りつめた空気感にドキリとするんだけど、それが動いて喋るもんだからまさに二次元の世界。時々ハラハラさせられるお歌も許容範囲だし、えくぼに埋もれたい系ナンバーワンの座を脅かすのはれいこちゃんなのではないかと危惧しております。真面目なところがヘイリーのキャラと合ってたんだと思うけど、そうじゃない役の時にどんなものを見せてくれるのかが楽しみです。

あとこれ新公トークにはヘイリーとエラが出てるんですよね。これはいかに。あゆっちの役は確かに主人公の妻ではあったけれどヒロインではなかったよね。今の月組の演目と重ねて見てしまうんだけど、これはヒロインが二番手男役だったから受け入れられたことなのかな。月にはその二番手がいませんからね・・・月の新公トークは男1、娘1の役をした子が出たというので安心しました。

そのあゆっちの役をした彼女はこの作品で退団しているのですね。

ジェンヌなるまでにたくさんの人やお金が動いただろうし、舞台に立ち続けなければならないものをたくさん背負ってる人ばかりだろうから、やめたくなってもそれらを簡単には捨てられないんだろうなって思いました。あの人にもあの人にもあの人にもお世話になった。この人もこの人もこの人も応援してくれてる。今さら降りることなんてできない。そういうものがあるんだろうなって想像すると、どんなに叩かれても舞台に立ち続けるしかないツラさというのは苛酷だろうなっておもうし、だからこそどんな人であっても特に真ん中に立つ人っていうのはそれだけですごいことだと思うし大変なことだと思うからそこで見せる笑顔には拍手を送りたいです。