茶の間でおま。

本とかテレビとか宝塚とか。

5月の記録

・夢咲ねねミュージックサロン「N-Style」

ポコこと瀬央を従えてのねね様のミューサロが早くもスカステに登場☆

若い男役はべらすねね様たまらんかったです(ゲス顔

天寿さんのブリドリ以来瀬央さんがキてるのですが(その後のまさこさんゲストのドリタイでもキた)その瀬央さんが!同期のこっちゃんとともに!!ねね様のミューサロに!!!ヒャハー!!!

というテンション。しかもポコちゃんだし。ポコちゃんかわいいよポコちゃん。ポコちゃん見てるとポコちゃんかわいいbotになるしかない。そのポコちゃんと瀬央さんが女装させられるわけですが(蘇るみほこさんのミューサロ映像でのtskセンパイ・・・)いやもうすんごかったです。みほこさんミューサロの三人衆の破壊力もすごかったけど、なんなんですかね、このミューサロではべらせてた男役に女装させるっていうのは。どういう文化なんですかね。ジェット機みたいとかこっちゃんに言われるふたりがおもしろおかしくてかわいくてwwwwwwwwおおわらいしました(笑うな

まぁな、こっちゃんが今更女装したところでおもしろくもなんともないからこれは正しい選択だったんだろうけどさ。ポコちゃんって大きいのに中身ただのおんなのこだし(いやみんなそうだけど)瀬央さんだってさw(蘇るブリドリの衝撃)(あの瀬央さんの姿は衝撃的であった)(そして深く心に刻まれた)いやもうほんとにすごかった。なんべんも言うけど、すごかった!!!

 

・ 「64」#3~最終回

おもっしょかったー。当然話のオチは全然覚えてないので最後までじゅうぶん楽しめました。ピエールさん、素敵な役者さんだったし、吉田栄作が素敵な年の取り方をしてるなぁってほれぼれしたし、新井さんは地味なくせに野心を秘めようともせずにガツガツしてるのが最高だった。よかった。いいドラマだった。役者が揃いすぎて贅沢だった。署内の階段が印象的だったんだけど、あれ、二階とか三階とか呼び表してたのってこの作品でしたっけ・・・?刑事課と警務部の象徴みたいな(覚えてない)でもあの階段が、広報官である三上さんにとってはかつて刑事であった自分へのこだわりというか執着というものの象徴だったような気がします。

 

・「Dr.倫太郎」#7

好きでしたって言って、知ってた、って言われるの切ないね・・・今ちょっと恋しいきもちが募りすぎてるから、それ以外のこと考えようって思って、だから余計に福原くんに感情移入しちゃったかな。でも好きって伝えられてよかったね。わたしも好きって気持ちはちゃんと伝えたいって思うから、いや、伝えることしかできないから、だからエイヤって伝えちゃうんだけど、伝えることができるって素敵なことだとおもうし、恋するってやっぱり素敵なこと。ああ、ちょっとしんどいけど、でも、だいじょうぶ。