茶の間でおま。

本とかテレビとか宝塚とか。

湊かなえ「リバース」(28)

湊さんのいやミスが帰ってきたー。

 

リバース

リバース

 

ほのかに絡んでくるスクールカーストが苦しいです。

親友ってフレーズはわたしにとっても心地よくない。

ここまで大人になると友達がいなくても気にならないというか、別に友達いなくても家族がいるからいいやって思うし、親友はいないけど仲良くしてる人たちはたくさんいるしそれはそれで楽しいから、親友がいないということによって追いつめられたりはしないなー。って思える家族がいてよかった;;

でも若い時にはそのことでしんどい想いもいっぱいしてきたし、だから彼の抱える屈託もわかるんだけど、後半までずっとだから友達も恋人もできないんだよーって思ってしまう卑屈っぷりにげんなりしました。

卑屈になってはいけない。

そんな彼が彼なりの最良の選択をしたと思えたラストのオチが。

もう。