茶の間でおま。

本とかテレビとか宝塚とか。

2014年星組バウ公演「アルカサル 王城」

これは、タカニュで見かけたお稽古場映像のポコちゃんに一目惚れした作品です。

わたしとポコちゃんの馴れ初め作品。

W主演という微妙なアレでして学年順でポコちゃんのほうが先に名前が来てるけどでもなぁって感じで、msmrの「二人の貴公子」みたいなんだけどはたしてこの二人がmsmrみたいになれるかというと不安で、もうひたすら歌なんですけど、ええ、さんざん言われてるけどほんっとに歌がもうダメでした。ゆっこちゃんが言われることが多いんだけど、でも今回見て思ったのはポコちゃんだって負けてないよ・・・?ってことで、むしろポコちゃんのほうがマズいのでは・・・?ってしんぱいになりました。わたし的にはゆっこちゃんのほうが安心できた。

頑張ろう!!!

としか言えないんだけど、これほんとにお話もマズくて、出てくる人たちが裏切って裏切られてってことをずっと続けていっていったいこの裏切りに終わりはくるの?って感じで、一応のハッピーエンド風で終わってるのが納得いかないというかwそうなん?え、それでええん???って感じで拍子抜けしました。

ただ真ん中の二人を見て、はーかっこいい、って思ったと同時に、はー歌がマズすぎる、って思うというw肯定してあげたいけどでもかばい切れなくてごめんね><><みたいな。疲れた。

この時にはすでに星組の次期が決まってたんだね。風ちゃんが娘1になることも決まってて。なるほどさすがの歌唱力で、割とマズい男役陣に比べて娘役勢がすごく頑張ってて(あーちゃん除く)(あーちゃん好きだけど)(わかばと同じタイプだよね)(美人だけど)(でも)(みたいな)白妙なつちゃんの歌をこれだけ堪能できたの初めてで感動した。彼女もまたゴールデンナインティ。キャストには音花ゆりちゃんの名前もあって最後の方にチラリと出てくるんだけど、果たして意味はあったのか。どうやらちえたむの武道館組が何人か出てて、その人たちの出番がごくわずからしいんだけど(まさこさんとか)(まさこさん、最初の数分ですぐ死んじゃって、後に出てくるの長のご挨拶だった)その分あんまり存じ上げないような下級生たちが活躍してた印象で。なんのためのバウ公演だったのかなって疑問が残る。ゆっこちゃんに主演という肩書をつけたかったのか。Wにしたのはどうしてなのか。

次の月組ちゃんも鬼畜の6分割の中であーさとありちゃんがバウで主演をしますけど、それとはまた雰囲気が違うんだけど、それでも背景にある思惑っていうのは同じ種類な気がしてならないです。

お稽古場のポコちゃんはあんなにかっこよかったのに、お芝居してるポコちゃんはそこまででもなくて、あれれ、どうしてかなって思ったら鬘のせいかも・・・。フィナーレで鬘なしで踊るポコちゃんは無敵だったから。独特の雰囲気の顔だから、少し選んでしまうのかもしれない。その点ゆっこちゃんはハズレがないので羨ましい。

お芝居も歌も引っかかるところだらけで、何度もガクってなりながら見てたんだけど、一幕終わりの高笑いは素晴らしかったです。

フィナーレではWデュエットダンスもあって、ゆっこちゃんとポコちゃんがそれぞれ風ちゃんとあーちゃんをリフトしてるところは迫力があって、見てる方が緊張しないリフトっていうのはあるんだなってしみじみ思いました。

コスチュームプレイの得意な星組っていうかつてのフレーズが似合う二人だし、迫力満点のビジュアルは武器だと思うから、どうかそれ以外をしっかり磨いてほしい。です。

あと、当時のタカニュの千秋楽映像でも見たんだけど、最後のご挨拶するポコちゃんが感極まってべそべそしてるのほんっとに可愛くて可愛くて可愛くてポコちゃん可愛いbot復活しました。対するゆっこちゃんが割と冷静というかのほほんとしてて、みなさんよいお年を~とか言うから、その横で、ぷ、って笑うポコちゃんが両手を口に当ててるからもう可愛くて可愛くて可愛かったです。