茶の間でおま。

本とかテレビとか宝塚とか。

西澤保彦「回想のぬいぐるみ警部」(41)

ぬいぐるみ警部シリーズ第二集。 

回想のぬいぐるみ警部

回想のぬいぐるみ警部

 

キャラ設定すっかり忘れてるからさー、特に百合っぷるのあたりの詳細お願いしたい・・・タケさんは好きなの!?どうなの!!??

ぬいぐるみ好きっていうキャラ設定だけでこれだけシリーズ化できるのってほんとにすごいとおもう。ちゃんとミステリだし、久々にミステリに淫しました。たのしい。

西澤さんなのでやはり性的に倒錯した設定が多くて、もーーーー(しょうがないなぁ)っていうダメ男に振り回される絶対不幸になる女子っていうキャラに自分がなってしまうのが業腹ですね^^くっそ^^

最終編にはぬいぐるみ出てこなくてこじつけだったけど、安楽椅子探偵っぷりがさすがの西澤さんで、性癖さえ抑えてくれればほんとによいミステリなのにぃ。