読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茶の間でおま。

本とかテレビとか宝塚とか。

伊坂幸太郎「首折り男のための協奏曲」(49)

伊坂さんの連作短編集。

全部初読みでした。 

首折り男のための協奏曲

首折り男のための協奏曲

 

わたしの好きな伊坂さんでした。

書下ろしではなく様々な媒体で様々なテーマで書かれたものをこうやって一つの連作短編集にまとめ上げるその力技がすごい。惜しみなくいろいろな技が駆使されてるのもすごい。黒澤さんという存在の安心感。馴染みのアイコン。

どこかで苦しんでる別の人のつらさを比べて泣くのを我慢する必要はない、って言葉が一番ハッとしたからきっと今はそんな気分。

ツラい時はツラいって言ってもいい。