茶の間でおま。

本とかテレビとか宝塚とか。

2007年月組「マジシャンの憂鬱」

新公だけ見て本公演見てないことにやっと気づいて視聴しました。

あさこさん一味に最下で加わってるまさきさんがぎゃんかわ。なにあのかわいい生き物。すべてが過剰だった。

あさこさんのあのセリフ。月担には常識なあのセリフ。「好きですよ、あなた」「わたしですか」という名セリフ。このすっと流れていかない違和感の塊のセリフ回しが、きっと思う壺なのだとおもうと少し癪に障るんだけど、「好きですよ、あなた」という違和感。「あなたが好きです」もしくは「好きです、あなたが」が恐らく「ふつう」の言い方だろうに、あえての「好きですよ、あなた」いや、「好きですよ」だけならいいのに、そこに「あなた」を付け加えることによって、聞いた人たちが少し立ち止まる。その答えが「わたしですか」なんだろうこのすっと流れない言葉たち。だからこそいつまでも心に残ってしまうんだろうな。ほんとうに思う壺。悔しい。素直に「あなたが好きです」と言えない人のぎこちない愛の告白だからこそ心に残るのかな。

そしてとし子センパイです。侍従として全場に名前があるのですがオープニング以外では全然お姿が確認できなかったんですけれどもこれほんとうに全場出演してるんです?????なに黒子的な?生で見ないとわからないということですか・・・なんというハードルの高さ・・・美翔彩星宇月瑞羽紫門貴千という愛すべき89~91期たち。オープニングでは美翔玲実宇月というわたし得すぎる並びを見られたのでそれで満足することにしますね・・・モブで出てくる月組子ちゃんたちが愛しくて、顔が賑やかすぎてどこにいてもすぐにわかっちゃうひびきちゃんとかまだ色気のカケラもない貴澄センパイとか変わらない華蘭ちゃんのベビーフェイスとかうら若きあきさやさんとかたまきさんとか星那氏やきえちゃんの姿を見るにつけとても楽しかったです。ロケットのゆりちゃんがめっかわだった。そしてとし子センパイのWトリオ!!かわいい。ええ、かわいいです。下級生のころのとし子センパイのスッキリとしたあっさりとしたリーゼントがだいすきです。可愛いんだけどキリリと凛々しくて、そしてもうとし子センパイの声しか聞こえない状態のコーラスっぷり(言い過ぎ)にクラクラしました。

f:id:piroco165:20160113000035p:plainf:id:piroco165:20160113000059p:plainf:id:piroco165:20160113000125p:plain