読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茶の間でおま。

本とかテレビとか宝塚とか。

月組東宝千秋楽&「NOBUNAGA/Forever LOVE!」制作発表

宝塚

無事に幕がおりてほんとうによかったです。

タカニュの千秋楽映像を見ましたが見事なぶつ切り駆け足映像でなにひとつ満たされなかったのですが、BD映像があるのでそれでがまんしますね・・・しかしながらショーで退団者に向けて送られたアレコレがまったく映ってなかったのはざんねんすぎた。でも千秋楽映像はそのうちオンエアされるのでおとなしく待ってます(ものわかりのいいおとな)最後のご挨拶で、「(ゆうきとゆたかの)ちょっときもちがわかる気がします」って言われてたことに胸をつかれました。まさきさんにはこれからいろんな「最後」がやってくるだろうけれど、大羽根を背負って千秋楽の挨拶をする、というのもこれが最後だったのだと。次の千秋楽のご挨拶は、もう、羽根じゃない。袴なのかな。奇をてらって燕尾だったりするのかな。いや、わたしは袴であってほしいな。どんな色のお花を持たれるのかな。どなたがお花を渡してくれるのかな。どんな髪色でどんな髪型なのかな。

息つく間もなく次のステージへ。

全ツ組もVoice組も公演中からお稽古は始まっていたようで、その過酷さに胸がいたいです。どうか無事に幕が開きますように。

そしてまさきさんの退団公演の制作発表が都内で行われ、焦らしに焦らされた信長のビジュアルにしばし言葉を失いました。ヒゲだっていうのはまさきさんが言うてらしたから覚悟してたけど、でもそのヒゲに;;わたしやっぱりヒゲあかんねん;;NO MORE HIGE;;おめめきゅるんきゅるんでなにその盛り盛りなプリクラみたいなやつ!!って逆ギレしそうになったわ。ほんでその頭なんなん;;もじゃもじゃすぎる;;きっと舞台に上がったらさいこうのビジュアルに仕上がってくるって信じてるけど、ちょっとまだヒゲ長を受け止め切れられないでいる・・・Oh、HIGE・・・でもこれもまた「最後のヒゲ」なのだと言われてそうか最後か、それならばゆるそう、と思えたのでよかった(単純)

たまきさんもヒゲだしこれはヒゲ祭りなのかと身構えましたが、かちゃるりが揃ってNOヒゲだったのでちょっとあんしんしました。気になるのは贔屓のビジュアルです。いや、その前に役だけど。たぶん、まさきさんのヒゲよりはとし子センパイのヒゲのほうが受け入れられるんじゃないかな・・・たぶん・・・(予防線張ってみた

あと注目されるのがちゃぴこさんの進退ですが、ポスターも切手ということはやはりそういうことなんでしょうか。わたしの中の「孤高のスター」というまさきさんのイメージは最後までそのままで、おひとりでずっと頑張ってこられましたね、最後までおひとりなんですね、って思ってしまう。

お写真いっぱい見てたら慣れてきたのか麻痺してきたのかヒゲ長さんかっこよく見えてきたような気がするんですけど、このお写真にやられました。やっぱりまさきさんカッコイイ!!!!!早く動いてるところが見たいです。

 f:id:piroco165:20160216073755p:plain

 

(追記)

タカニュで制作発表映像見ましたー。

たくさん咀嚼してなんとか飲み込めた、のか、な・・・ちょっと受け止めきれなくてだいぶ寝かせてみました。

まずピンクスパンもふもふのまさきさんが思った以上にピンクで照明のせいか酷くやすっぽくてお化粧の違和感ともあいまってなんだかとっても衝撃でした。あとこの上なく真咲節が炸裂してた。スパークリング真咲節。「どぅぁからぁあぁぃいわぁ!」ってわたしふだんそんなに真咲節に引っかかることはないんだけど、ちょっとこれはどうしたのかと。わたしにはマイナスにしか作用しないショーのダイジェストだったことにもショックでした。NOBUNAGAのほうは、うん、かちゃるりのニコイチ感とたまきさんのイタリア人っぷりとちゃぴこさんの男前っぷりは理解した。ちゃぴこさんのまさきさんに対する愛と憎しみが相反しながらも共存するメンタルの複雑さ。

「わが夢を盗みたくば好きにすればいい」というセリフの吐き捨て方。「わが夢に囚われ喰い滅ぼされぬ力があるのならば」という力強さ。「誰に嘲られようとても 誰に恐れられようとも 追いつかぬ者は置き捨てて」という部分がとてもまさきさんぽい。大空に飛び立とうと身悶える龍が、まさきさんの中にいるのだとおもうと、早く解放してあげなきゃっておもうし、飛び立ってしまったらもう戻ってこないんじゃないかってふあんになるし、ひとりで、悠々と何にも縛られずに空を登ってく龍の姿を思い浮かべては泣いてます。