茶の間でおま。

本とかテレビとか宝塚とか。

伊坂幸太郎「サブマリン」(21)

「チルドレン」から12年! 

サブマリン

サブマリン

 

ってそんなん言われても知らんわー。

わたしの好きな伊坂さんだっていうのはわかりました。わたしの好きな伊坂さんの象徴であるような陣内さんがその「チルドレン」に出てたとかそんなんぜんぜん覚えてませんし。って感想発掘してみたら、わたしは2006年の夏に読んだようで、おお、10年前ですか。覚えてませんw突如わたしの中で始まった伊坂幸太郎を読もうキャンペーンの中でなかなか伊坂さんと分かり合えなくて、わかる、だがしかし、みたいなもどかしい想いをしていた頃に出会ったのが「チルドレン」でそこでようやくわたしと伊坂さんが和解したのであった、らしいです。その陣内さんのすばらしさ。10年前のわたしも、今のわたしも陣内さんのことがだいすきだから、わたしの中の想いは変わってないんだなってホッとした。こんな大人になりたい。ってたぶん当時のわたしもおもってたとおもう。よ。

「唯一おまえたちが覚えておいたほうがいいのは、相手の大事なものを蔑ろにするな、ってことだ」