読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茶の間でおま。

本とかテレビとか宝塚とか。

2016年月組「NOBUNAGA/Forever LOVE!!」

宝塚

東宝公演中に発売されたBDちゃんとフラゲりましたー。 

まだ公演してるものがパッケージされてお茶の間で見られるのってすごいね・・・茶の間バンザイ・・・

「NOBUNAGA」

・織田ンサーズのみなさまのかっこよさを舐めまわすように何度も見たい。ひびゆりシンメなのにこの上なく滾る。美しい並びが素晴らしすぎる。月組のびじんワンツーやでぇ・・・はー美しい。どうしても良勝さまに目を奪われるのはそれは恋だからです。どうかしあわせになってもらいたい。いつでもどこにいても。

・象、キター!

・長政さまキターー!!

・長政さまと結婚が決まった時のお市は悲壮な覚悟を決めて睨みつけるような表情をしているのに、長政さまを見た途端に口元がほころぶのがほんとうにすごい。長政さまはまだ理性が保ててるようなんだけど、お市は完全に堕ちてる。恋に。愛に。長政さまは信長との間で揺れてるんだけどお市は完全に旦那しか見てない。兄なんてどうでもいい。そして信長もまた妹はどうでもよくてむしろ己の恋敵でしかなくて、長政さまが自分ではなくお市を選んだことに心底腹を立ててるのがよくわかる表情だった。怒り心頭なお屋形様ちょうこわい。比叡山を焼き払ってしまえって言い放ち、弾を切り捨てる長政さまを象の上から見て哄笑するお屋形さまはただの恋に破れてやけっぱちな人だった。可愛さ余って憎さ百倍なのが哀れ。

・「どうだ、つまき」ってひらがなでしゃべる良之のドヤ顔。

・何度も繰り返し出てくるまさきさんの後ろに立つまゆみさんとサブちゃんという構図に泣く。

・ロルテスに唆されてお屋形さまと対峙する家臣たちの歌もすばらしいよね。良之とお屋形さまなんてどう見てもお屋形さまのほうがよわそう・・・

・おまえはひとりだってロルテスに言われるお屋形さまおかわいそうでおいたわしや。わかってもらえないもどかしさを抱えるお屋形さまの笑顔がツラい。けして悔いることはないと一人歩みをすすめるお屋形さまと、進み続けると歌いながらも四面楚歌にくるしむお屋形さまのお姿と、ここで一番泣く。そしてその後に続く銀橋のおなごたちのコーラスに全てが決壊する。あそこが一番好き。誰もが変わらぬ夢など見れない。誰もが己の夢のみ叶えんと。ひとはみな自分勝手な生き物なのだと、その夢を共に支え夫とともに命を懸ける妻たちの姿が、きっと帰蝶とは正反対でだからこその場面。まさにここがクライマックス。

・象、キター!!(二回目

・裏切った秀吉がお屋形さまに刃を向けたその後ろでほくそ笑むロルテスというすばらしいアングル。

今川義元を討った時にも言った「美濃だけではいけませんか」という帰蝶の言葉がすれ違い夫婦の象徴だった気がする。あそこで一気に脱力する。終盤、帰蝶がお屋形さまに刃を向けて二人で清州に帰ろうというくだりも、まだおまいはまだそんなことを言うておるのかとイラっとした。帰蝶にとってだいじなのは夫とふたりだけの時間だった。ふたりで同じ夢を見られなかった不幸。

・中の人たちも気持ちのつじつまを合わせるのに苦労されたようですが、やっぱり一度向けた刃を引っ込めるというのは無理があるとおもうの・・・そのための帰蝶の死なのだとしたらそれだけのために存在した帰蝶があんまりだ。

・かつて愛した人は、それは帰蝶でもあるし信行でもあるし長政さまでもありお市でもあり今川義元でもあるのだろう。それらの死による重みをひとりで背負ってきた人は、それを背負ったまま駆け続けるしかなかった。

・そしてそれを代わりに背負う覚悟を決めたのが光秀だった。おひとりでなにもかもを背負われておつらくはないですかというセリフ。背負われていたものをおろされて、お屋形さまはさぞほっとされたのであろう。まさに来るもの拒まず、去る者追わず。つらいなんてひとことも言われなかったけれど、それでもやっぱりおつらかったのであろう。立ち止まれない衝動のままに走るしかなかったお屋形さまが、背負われたものをすべておろして身軽になって今度は天高く昇っていく龍となって、そしてひとりで旅立たれたのだ。龍真咲という生き様を、見せてもらった。

Forever LOVE!!」

・わりとピンク担なんですけど薄いピンクじゃなくて濃いピンクがすきです。どぎつい感じのえぐいピンク。劇場で聞いた時もそうだったけど、ラブラブラブ言い続ける月組子ちゃんたちの存在自体がハピネスでピースフル。幕開けチョンパでゼロ番にいるたまきさんの姿に唸らされるなど。一番に歌いたるはちゃぴこさん。まさきさんのいない世界がすでにそこにあったことに気づいて愕然としました。すでにわたしたちはまさきさんのいない世界を体験していたのだ。もふもふモンスターのまさきさんは別の世界のひとだった。

・たまきさんとピンクという世界は別になんの違和感もなかった。タカラヅカはこういう氾濫するピンクの世界がとてもよく似合うのだから。フリルたっぷりハートたっぷり、こういうのを苦手だって思わないで敬遠しないでほしいな。黒髪とし子センパイ×ピンクというのが最大の違和感だった。でもすきだから。わたしはとし子センパイのすべてがすきだから。あれ、なんでわたしここでとし子センパイへの愛を告白してるんだろうか(正気に戻っちゃだめ

・押し寄せるピンクの洪水がとてもゆめゆめしくてああこれがタカラヅカというものなのだなって全員が銀橋を渡っていく様子とかラブラブ筋が今まさに鍛えられてるんだろなっていうこれでもかというラブ砲に圧倒されるのも心地よくて、これがタカラヅカという夢の世界のなのですよと世の中に喧伝したいきもちになる。

・そしてキサス。ここでもピンク担なとし子センパイ。パキっとしたいろみがほんとにタカラヅカだなっておもう。とし子センパイはうすらぼけたいろよりも原色が似合うとおもうの。としゆりとあさありというメンツにやっぱりいろんなことをおもってしまう。たとえば、一番腰を落としていたとし子センパイのフリに日を経るにつれて近づいて行ったあーさとか、です。としゆりのシンメはぜったいに守っていかなくちゃいけないものだとおもってる。まさとしの顎クイは舞台写真にもなってそれはまさきさんセレクトなのだと聞いてまたむねがいっぱいになったのですが、実はこの時おいちょっと待てよ(notキムタク)ってまさきさんの肩に手を置いてるのがゆりぴょんなんですよね・・・!!!!!!!!!!!!!!!!!

・よいキサスでした。

・まいまいさーーーーんんんん!!!やっぱりまいまいさんのロケットで泣く。なんでだろ。ご結婚おめでとうございます。寿退団とかものすごくこの上なくタカラヅカらしいっておもう。さいこうだろ。結婚するから退団するってほんとうにタカラヅカでしかないことだとおもうからだからこそのまいまいさん最強説。みんなももっと寿であることをじゃんじゃん出していっていいのよ。タカラヅカはそういう世界なんだとおもうから。

・そしてロケットのまんなか付近のBIG5から目が離せない。まゆぽんとギリギリいないけど。一星慧178 朝霧真175 輝月ゆうま177 礼華はる178 大楠てら180。はるきゅんとてらくんの間に挟まれて手をつないでるまいまいさんのちまさにずっきゅーーーんってなる。まいまいさんご結婚おめでとう!!!!!!!!!!!!!

・セクシーがセクシーでセクシーだった。

・組子たちの真ん中にいるまさきさんの姿に泣ける。途中たまきさんと目を合わせて肩を合わせて踊るところではうっかり泣いた。お芝居でもそうだったけど、まさきさんとたまきさんの並びがどうしても涙腺にくる。

・まさきさんの強気の笑顔が泣いてるように見えるから。

・とし子センパイがカッコイイ。

・特に後ろ姿のドヤっぷりがあかん。

・ちゃぴこさんが登場してからの月娘無双っぷりがたまらない。これはまさきさんとちゃぴこさんのデュエットダンスだ。真ん中のまさきさんの隣でちゃぴこさんが輝いてる。ちゃんと目を合わせてる。紅いお衣装の月娘たちのまんなかで、銀色のふたりがふたりであるということ。ゆびいっぽんふれないけど、でもこれがふたりのデュエットダンスなんだとおもう。まさきさんとちゃぴこさんのドヤ顔に挑発されて思う壺なことにせいせいする。

・るみこさんとジョーとまゆぽんの並びがほんとにズルい。ひどい。完全に月担をころしにかかってる。ぜったい勝てない。勝てる気がしない。むしろすすんで負けを認めるわ・・・だってるみこさんと、ジョーと、まゆぽんだよ!!??るみこさんとジョーとまゆぽんだよ!?!?この並びを考え付いた人ぜったい天才やわ・・・あ、だいちゅけか

・燕尾脱いだ月男たちがみんなあかん。サスペンダーがあかん。まさきさんを見る笑顔があかん。そうかこれが退団公演というものか・・・!ってなんべんもおもいしらされる。

・アフリカの場面なんで楽曲差し替えなん・・・さいこうに萎えるわ・・・めっちゃガッカリやわ・・・ほんまはやればできる子やろ?(例:VoiceのHAPPY)なんでここで踏ん張ってくれんかったん。あいすちゃんのソロやで?月が見てるよ、月が笑うよっていう歌詞とても素敵なのに。ひびきちゃんと華蘭ちゃんのシンメもむっちゃすばらしいのに。ひびきからん。うむ、丸顔コンビやな。

・なちゅこさちぴーの並びにも泣く。上級生をだいじにしてくれてることに泣く。

・サヨナラモードには全力で対抗していく所存。まけない。わたしもジェンヌだったら寿退団したい。

・ひとりで大階段のぼっていくのほんとにズルい。少しも振り返らないのがまさきさんらしすぎて。

・とし子センパイのかぶりものはだから推奨しないと何度も。

・まさきさんがいなくなった後のタカラヅカだって夢と愛と希望が満ち溢れてハートとかピンクが飛び交うんだから!!!!!!!!!!!!

・愛こそは永遠。

・きっとまさきさんはあの笑顔でずっと泣いてたんだとおもう。