茶の間でおま。

本とかテレビとか宝塚とか。

「アリス殺人事件」(33)

不思議の国のアリスのミステリアンソロジ。 

有栖川さんの名前が動機でしたが書き下ろしじゃなくて既刊本からピックアップされたものばかりでした。しかしながら記憶になかったのでわたしはほんとに国名シリーズをもう一度読み返すべき・・・

時代感がありつつもよいミステリだなと宮部さんあたりまで読んで、篠田さんで、性別がキィになるだろうなってことは見えてたのでああ、時代だ・・・ってさらに思って、柄刀さんが一気にアクロバッティカルな展開を見せて、その後のいわゆる言葉遊びに疲弊しました・・・もはやわたしの脳が言葉を拒否してしまってた。これが老化というものなんですよね。言葉に淫することができない。むねん。

そもそもわたしアリスになにひとつ思い入れがないくてそれが最大の敗因でした。