読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茶の間でおま。

本とかテレビとか宝塚とか。

柴田よしき「あおぞら町 春子さんの冒険と推理」(37)

柴田さんがまた趣味の本を書いたのかなーっておもったけどわりとヘビーな犯罪が起こるミステリでした。あれを「日常の謎」ってカテゴライズしたらあかんとおもうの・・・特に最初のやつ、妻を監禁して衰弱させた変態サイコ野郎の犯罪はそんなほのぼのしたやつじゃないで・・・(部屋に閉じ込めるだけじゃなくてベッドに鎖で縛りつけて口にも何かを詰めていたとか(猿轡とは書いてなかった)異常すぎるし怖かった 

あおぞら町 春子さんの冒険と推理

あおぞら町 春子さんの冒険と推理

 

プロ野球の二軍選手の妻というニッチさが性癖だなっておもうの。わたしは主人公とは気が合わなさそうで友達になれなさそう。こういう「しあわせ」な夫婦とか家族とか日常とかみるたびに別世界すぎてびっくりする。でも野球が日常にある生活はとても興味深いしおもしろい。