茶の間でおま。

本とかテレビとか宝塚とか。

Best 5 Songs 2016

今年iTunesで買った曲のベスト5を唐突に発表したいとおもいます!

ベスト5と言いつつ順不同です。

・「BLUE ILLUSION」響宇月

言わずもがな音楽の宝箱のひびとしデュエットソング。未だに素面では見られない。音源が先に出たのは今思えば不幸中の幸い。何度も繰り返し聞いてるはずなのに歌詞がどうにも覚えられない。罠なのかな。怜悧な罪を犯す、というフレーズが一番あざとい。たぶん「冷静」と「鋭利」ということばが交じってしまったようなイメージが混乱の原因。怜悧な罪、とは。物語性のある曲のはずなのになにひとつ風景が広がらないのはわたしが混乱してるせいかな。青と赤が印象的なショーの中の「青」をテーマにした曲。ひびとしのふたりが、いまだからこそ歌える曲なんだとおもう。

・「オー!リバル」

たぶん、これが今年の一番。Voiceが一番心に残ってる。特にゆりぴょん。リバルは世界観もすきだし、歌詞のひとつひとつにおもいあたるふしがありすぎて、いろんなことにつながるフレーズがあるからそれだけで瞬時に風景が思い浮かぶ。そしてなんといってもパフォーマンスが素晴らしかった。音源聞くだけでこの曲で踊る月男たちが脳内再生される。特にゆりぴょん。ことしはゆりぴょんの年だったなーっていうのが実に表れてる曲。ラフなオールバックと、ロイヤルを封印した悪い笑顔が今もわたしの心をつかんではなさない。かっこいい。リバルのゆりぴょんがかっこいい。全ツを観た時には、月組の片割れであったVoice組の影を感じることはなかったんだけど、Voiceのこのリバルの世界観がまさに「激情」でありふたつに分かたれた月組を表す曲だったんだなってそういうことばかり考える。もちろん卒業されるまさきさんのこともちゃんと織り込まれてて(ゆりぴょんの歌う「音楽や絵画にあるように、過ぎてゆく日々ひとつひとつにささやかな題名をつけて見送ってあげたい」というフレーズがいちばんすき)この宛書っぷりはどうしたことだろうと戦く。あの時期にあのメンバーでやったことにとても意味があったのだと思えるから。

・「Dance Dance Dance」美弥紫門華蘭朝美

ムンライナイと悩むところだけど鴨さんがとってもかわいく鴨葱ダンス(違)踊ってるからこっちで。リバルのゆりぴょんと鴨なゆりぴょんというまったく次元の違うものを見せてもらえたこの公演はやっぱりさいこうだった。やけくそに客席に投げキッス飛ばす鴨さんとか、めいっぱいぶりっ子してでもできなくてその戸惑いが伝わってくる生々しさに完全にやられました。ゆりぴょんの声はご本人もネガティブに捉えられてるようなのが心がいたいけど、確かにクリアでシャープな声色とはいいがたく、それでも絶対的に特徴があってどれだけの声が交じった中でもみつけることのできる声というのはそれだけでじゅうぶん武器だとおもう。鴨さんでもせいいっぱい声を跳ねさせてるのがけなげでかわいくてけなげで。あなたのその声は無二のものなんだから決して卑下することなくだいじにしてほしい。です。ゆりぴょんだいすき。

・「Historia de un Amor」宇月輝月蓮

聴いていて風景が浮かんでくる。しっかりとしたイメージ。月あかりだけの下で汗と砂の混じった薄暗い部屋で交わされる愛の夜。「愛の夜」というエロティックさ。これだけで一編書ける。書いた。バックに流れるのはもちろんこの曲。短いけれど濃厚。指にからみつく黒い髪。小悪魔のように微笑むくちびる。熱すぎたあの愛の夜。決して忘れないひみつのおもいで。背徳的なワンナイラブにゾクゾクするね。とし子センパイとぽんちゃんとれんこんちゃんという、ダンサーなの?歌手なの?どっちなの??っていう、むしろどっちと限定されないオールラウンダーな三人のコラボ。とし子センパイのプライドがやっぱりバンバン伝わってくる。そこにまゆぽんの余裕さが絡み、さらに最下のれんこんちゃんが果敢に挑んでくる。さいこうか。れんこんちゃんが鍛えられてるのがよくわかる。何かととし子センパイと組むことが多いという印象のれんこんちゃんなので、きっと師弟関係にあるんだろうなと推察するのですが、ともかくダンスが苦手というパブリックイメージを早く覆さなくてはなりません。とし子センパイがんばって。

・「ENDLESS DREAM」貴澄

すべてはこの曲からはじまった気がする。ディープインパクト。もっきゅんカッコいいっていう事実を突きつけられて完敗っす。秘められたポテンシャルが見事に開花した瞬間だった。