読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茶の間でおま。

本とかテレビとか宝塚とか。

2月の記録

・「おんな城主 直虎」#5~

高橋一生くんやっとキターーー!!諦めることに慣れきった人の、その諦めの表情がせつなかったです。ほしいものはぜんぶあきらめてきた。その抑圧されたこころがいつか昏い方へ向かいませんように(史実は知らない)父上のようにはならないと今思ってるそのきもちが全うできますように。瀬名さまのあの明るい恨み節とは正反対で、いやでも瀬名さまいったいどうなるの・・・?生霊になって祟ったりしないわよね・・・?それを次郎法師が悪霊退散!とかしたりする話じゃないわよね・・・?ってしんぱいしたけどそんなの無用だった。瀬名さま無敵で素敵。信じてないのに信じた振りをするなと言う高橋一生くんが絶品だった。吹越満さんとお芝居がよく似てる気がする。親子という説得力。

・「火花」#1

波岡くんがすばらしかった。HNKはほんとうにいい映像を出してくるからズルい。目が離せなくなる。なんでもない雨上がりの路地の濡れた道路とかそういうの。住宅街の片隅にあるこじんまりとしたスーパーの店先に着ぐるみがやってくるイベントとか。原作既読派だけどお姉ちゃんのピアノエピソードとか全然覚えてなくて胸が痛かった。子ども時代に貧しさが原因でいろんなものを我慢してきた人が大人になって、それを糧に力強く生きてくれてたらいいな。だからこその笑いが作れるって彼も言ってた。人にはない経験を、どうか糧に。心豊かな糧に。

・「レンタルの恋」

惰性で見てるけど太賀の無駄遣いだよねって感想しかない。

・「スリル」

BSの初回見逃したのでめっちゃ悔しいから地上波でなんとか捕獲する。こいすけがドラマに出るってどうして誰も教えてくれなかったの!もう!!レコ様のやくたたず!!!

 

・2015年雪組「星逢一夜」新人公演

現在中日劇場で公演中でもある星逢を、ちゃんと全部見ました。いろんなところでみかけたれいこひとこのコンビですが、NWでもこのふたりが真ん中に立って、そしてれいこちゃんは月組に組替えで、もうこの並びが見られないのかとおもうと同時期を近しい場所で過ごしたふたりのお芝居にむねがいっぱいに。お互いに切磋琢磨してきたであろう学年の近いふたりというのは、今の月で言えばあさありであり、言うてしまえばまさみりでもあるのですよね。だからふたりが離れてしまうのは必然なのだと。真地くんがよかった。本役の大ちゃんをちゃんと見てないのでなんとも言えないけれど、図体がデカくて声もデカくてでも陽気で、そういった雰囲気をつくることのできる役をちゃんと全うしていたなとおもいます。よい声。

 

・映画「ホワイトリリー」

日活ロマンポルノ・リブート・プロジェクトの最後の作品をスカパーで見ました。

こないだの「アンチ・ポルノ」が「アート」とタグ付けられたのに対してこれは「レズビアン」という身も蓋もないカテゴライズがされてるんですけど端的に言って好みではなかったです。わたしの好みの美しい裸体が絡み合うのが見たかったーー。こういう場合に論争のひとつになるのが「棒」の存在についてだとおもうんですけどわたしは棒はいらない派です。ろくろを回す手に添えられる指がエロティックなのは「ゴースト」で知ってた。まさしくエロス。そして唇でファスナーを上げるのもよろしかった。しかしそこまででした。ロマンポルノというものがたぶん好みではないんだろうなーという感想。わたしはもっとうつくしいものがみたいのだよ明智くん!!!

 

江戸川乱歩短編集Ⅱ妖しい愛の物語「人間椅子

見たかったやつの再放送があるー!って喜んだのにやっぱり初回はみのがしたの痛恨の極み・・・満島ひかりちゃんのお衣装がエロスだったしお尻とかお尻近辺のものとかがババーーンと画面に出てくるのすごい性癖だった。そしてホラーだった。怖かった。満島ひかりちゃんみたいな体になりたい(直訳

 

・買ったもの

「宝塚GRAPH2017年3月号」

歌劇の舞台写真には写ってなかったジゴロさまがほんのりいらっしゃるー!ジゴロさまの記録が残らないとかそんなのぜったい人類の損失だから可及的速やかに舞台写真を出してください。わたしたちは記録に残らないという覚悟をそろそろしなくてはならないとおもうの。あと運転手さんがたくさん載っててとってもうれしいです。お写真のクレジットは「運転手」なのに説明文では「ギャング」って表記されてるのはこれいかに。アミーゴもマランドロもカリオカも素敵なお写真をありがとうございます。黒燕尾の横顔がとってもすき。まんちゃんがMPを「完全にやり切った、退団しても悔いはないと心から思えた」と語ってることが悔しくももどかしい。あきさやさんのときにもおもった。勝手に思い出にして卒業していくなんてひどい。男役4人のうち残ってるのが最上級生のひびとしという事実。