茶の間でおま。

本とかテレビとか宝塚とか。

「モンゴル野球青春記」

石田卓也くんが始動するということで映画のサイト*1見て、わたしモンゴル野球のDVD買ってないわってことを思い出しましたwごめんなさいwwwすぐ買いました!

石田卓也くんが野球をするというすばらしい映画でした。 

モンゴル野球青春記 [DVD]

モンゴル野球青春記 [DVD]

 

モンゴルという社会主義から民主主義にかわった国で、日本というのは豊かな国で、その象徴が「野球」だった。そんな憧れのスポーツを、自分たちの国で。そう想う人たちの想いがとても感動的だった。理不尽な仕打ちを受けてもそれでも彼らと野球することを願った関根さんの想いが感動的だった。豊かな国ニッポンに住むわたしたちは野球というスポーツを特別な物でなく誰でもできるスポーツでこの国で一番メジャーで一番身近なスポーツだと思ってるけど、そうじゃない国があってままならないことにもどかしい思いをしてる人たちがいることを知らない。民主主義のもたらしたものは良いことだけではないという事実。厳しい現実を織り交ぜながらも、野球というスポーツで人と人がつながっていくことが描かれているのはやっぱり感動的でした。たくさん泣いたー。

困難な状況にもめげずに立ち向かっていく石田卓也くんの前向きさがとってもまぶしかった。そしてやっぱり野球やってる石田卓也くんはさいこうにかっこよかった。やさしい声で言う「キャッチボールは相手を思いやる練習でもあるんだからね」というセリフがだいすき。野球は9人でやるスポーツだから。

 

 

この映画がわたしの町で撮影されたことはほんとうにしあわせでした。グランドに通ったあの夏の三日間はあの日からずっと今もこれからもわたしのたいせつな想い出です。

そしてじっくり自分の登場シーン()を見たんだけどwいやもうこれwwwほんとにwwwやだwwwわたしじゃんwwwwwwwwwwwwって大笑いして何回も巻き戻してみましたwwwwwwwいやわたしなんだけど!スクリーンで何度か見たけど一瞬すぎてあんまり記憶になくてともだちとかに言ってもピンとこない感じだったからこれで証拠映像入手したからみんなに見せびらかすわwwwwwwwすきな役者さんと同じ画面に入ることができたなんてほんとにファン冥利につきますありがとうありがとうありがとう。