茶の間でおま。

本とかテレビとか宝塚とか。

第28回フジテレビヤングシナリオ大賞「俺のセンセイ」

どうやら関東ローカルでは年末にオンエアされてたようなんですけど(全然知らなかった)それが関テレで先日オンエアになってたものを録画視聴いたしました(レコさまが録ってくだすったありがとうレコさま!)

めっちゃよかった。すっげーーよかった。ほんっまによかった。

なんせ宮本さんがズルい。主演宮本浩次で主題歌と劇中歌にエレカシの曲がふんだんに使われてることがズルい。オッサンと小生意気なギャル(ではないけど)の惚れた腫れたが絡まないドラマがこんなにも感動的だなんてズルい。あといつものあのヘアスタイルを封印してビジュアル変えてるのもズルいよね。

石橋杏奈ちゃんのクールでドライな天才漫画家ちゃんもすっごくよかった。宮本さんとのお芝居の間もよくて聞いててテンポのいいセリフの応酬が心地よかったしおもしろかった。タバコの吸い方がぎこちないのもかわいくてね、そりゃおじさんメロメロだわよ~。

ほんでこいすけですよ、こいすけ、これはなかなかによいこいすけです。っていうかここのところろくにこいすけで満足させられてないのでこれはもしかして久々のヒットなのでは!?ビジュアルもいいし(メガネ!)気負いのないキャラクタもいいし(力まない役はこいすけの十八番だとおもってる)なんかしらんけど銭湯でのサービスショットとかあるしwいやwサービスなのかちょっと自信がもてないwべつに鍛えられたええ体ってわけでもないし痩せてもいず太ってもいず特になんてことない体でその「ふつう」なところがこいすけの偉大なところだとおもってるのでああふつうだー、ってしみじみとそのふつうなところを全身で受け止めました。*1

f:id:piroco165:20170407215652p:plain

ちなみにこいすけの一番好きなセリフは、銭湯シーンの後、やってられっかって放りだそうとした宮本さんが愛する娘の卒業旅行に出資するために頑張って仕事すっか、って戻ったところに原稿取りに来たこいすけとのやりとりなんですけど、「精が出ますね」「やりたくてやってるわけじゃねえんだ」「へえ」のこの「へえ」がむっちゃいいんですよ!!!!!!!!!!!(伝わらない)あと怒られるの承知で言いますけど宮本さんの歌声ってこいすけと似てません・・・?(特に「月夜の散歩」のうたごえ)(シュアリー・サムデイ参照)

愛娘役ちゃんがかーべーだった!あと忘れていけない佐藤二朗さんがすんばらしかった。いいドラマだったー。

 

*1:銭湯で思い浮かぶのはついこないだ発刊された銭湯男子の表紙を飾った田中圭ちゃんなんですけど、ほんとに田中圭ちゃんはエロいよい体をしてますよね。