茶の間でおま。

本とかテレビとか宝塚とか。

東野圭吾「素敵な日本人」(23)

東野さんのよいエッセンスがぎゅっと詰まった一冊でした。

やっぱり短編なのがいいのかな、さらりと書かれたように見える気負わない文章がエレガントでした。ミステリにSFにもちろん脳もw(脳移植手術出たーーーー!!!!って大盛り上がりあできたのでとてもたのしかった)どれもこれも東野さんと象るファクタ。

www.bookbang.jp

どんでん返しのオチにやられるのも痛快でした。たのしかった!