茶の間でおま。

本とかテレビとか宝塚とか。

伊吹有喜「カンパニー」(35)

来年の月組公演に決まってるやつの原作読みましたー。

高野ハルカチンがめっちゃみやさまーーー!

またもやお色気担当ですが。妻子に逃げられた青柳の設定が妻を亡くした、に変更されてるようにきっとほかにもヅカナイズされるんだろうけど、ふいんきはつかめれたんじゃないかな。いや、それをガンガン裏切ってくれていいのですが!妻を亡くした青柳と地味で本番に弱い美波さんのほのかな恋愛というものがメインになるのかな。あと大きなキャラクタは、青柳と一緒に出向させられる女性トレーナーの由衣と、お嬢様ダンサーの紗良と、某LDH系のひとたちを彷彿させるグループから大抜擢される那由他と、そのリーダー阿久津と、ハルカチンの代役を務める蒼太と、あとは有明製薬のリーマン連中(山田と脇坂)と、由衣の同僚の大塚と、それからバレエ団主宰の瑞穂とその秘書乃亜、くらい?かな??

とし子センパイにどういうお役が来るのか想像してみたんですけど、さっぱりわかりません^^^^^サラリーマンスーツでもいいし、テーピングとかてきぱきやっちゃうトレーナーとかもいいし、ヘロヘロの練習着でバーにつかまるバレエダンサーでもいいし、日焼けした風に見せるジェル塗って胸元はだけさせて金のぶっといネックレスとかぶら下げてサングラスとかしてる某HIROさんとかでも・・・いい・・・(ゴクリ*1

いちばん好きなキャラクタはお嬢様の紗良さまです。

やれるものならやってみろって言いたいわ。金で買った主役と言われて、踊り続けるプレッシャーに耐えられる?

このセリフをタカラヅカで言えたならすごいわ。真ん中に立つ、立ち続けるというそれだけがどれだけ過酷で難しいことか。

公演解説には「努力・情熱・仲間たち」がテーマだと書かれていて、実際この作品にもそのフレーズは出てくるんですけど、それを発するのは由衣なんですよね。なのでそれがどんな風に扱われるのかも興味深いです。

それは天才のあなただからできること、凡人のわたしには無理、ってよく言われるという高野のセリフは、「それなら僕がしたほどの努力をあなたはしたんですか、あるいはする覚悟があるのですか」と続く。

舞台のお話はどうしてもタカラヅカの世界と結びつけたくなるようなエピソードやセリフがいっぱいで、それがどうヅカナイズされるのかもまた楽しみです!

*1:アトスさまで味をしめた人たちがまたひげをつけさせるとかあるんじゃないかな・・・!