茶の間でおま。

本とかテレビとか宝塚とか。

「取調室19」

レコ様がBS日テレでオンエアしてたやつを録画してくれてましたー。初見です!高橋一生くんの2サスものは把握しきれてないんだけど、これは久々の初見もの~うれしい~~。2003年の火曜サスペンス劇場高橋一生くん23歳、なんと高校生役です、出たよ、永遠の高校生!火サスのイントロがめちゃめちゃ懐かしい。そして旦那が出てきた時点で犯人が分かってしまった。誰かが誰かをかばってる。実は自分の子ではないと知ってしまって、息子と距離を置いてしまう旦那。「そして父になる」を思い出す。留守電がアリバイトリックという時代を感じる設定がカタルシス。家電とかもう絶滅危惧種なのでは・・・アリバイトリックも時代とともに移り変わって、そして新たなトリックが発明されていくのですよね。時代に取り残されないようにしなくては。夫婦別室というだけで夫婦の不仲を疑われるとは我が家も危険です。自殺するためのカッターナイフをコンビニで万引きしようとする心理とは。そんなものにお金なんて出せるかってことなのかな。的確な判断が出来ないほどに心神喪失してたってことなのかな。

f:id:piroco165:20180601001943j:plain