茶の間でおま。

本とかテレビとか宝塚とか。

「おっさんずラブ」最終回

ほんっとにこれはるたんの中の人が田中圭ちゃんじゃなかったらみんなにリモコン投げつけられてフルボッコだったよね☆っていうダメっぷりがほんっとにはるたんすぎてっていうか田中圭ちゃんの力技すげーーわーーーって。ここんとこ不倫専科っぽくなってたところにこのはるたんだからね!どうやって折り合いつけてたのめっちゃ気になる・・・だいたいはるたんは押しに弱くていちいち流されるところが完全にダメ。ぶちょうのプロポーズがフラッシュモブだったのもダメだけど(これぞフラッシュモブやな!と盛り上がったのは某月組公演のせいです)、そもそも一年も牧があの状況に耐えたっていうのが完全にぜったいそれ田中圭ちゃんじゃなかったら成立せえへんやつーーー!!っていうのがダメ。足長すぎだし無駄にいい体なのほんまになんでなんwただの田中圭ちゃんやんwwwみたいな。携帯電話を置き忘れてかつ待ち合わせに間に合わなくてすれ違い、とかなんかいちいち昭和テイストなんですけど、きみは牧の携帯番号を知らないのかな?覚えてないのかな?病院には公衆電話がないのかな??それとも公衆電話が使えないヘイセイナウな人間なのかな?????ってつっこみまくって、ぶちょうに流されて結婚式挙げる羽目になってそれでもブレブレにブレまくりのおまえの中に自分というものはないのかばかはるた!!!!!っ憤って、はるたんのママは結婚式に呼ばないの?あれだけ牧に影響を与えたはるママは?どこに?いるのかな???とかいやもうつかれた。ぶちょうが、はるたんとの恋を「最後からごばんめくらいの恋かな」って言うのさいこうにかっこよくてしびれた。わたしもいつもそういうスタンスでいたい。恋にしがみつかない生き方をおしえて。ほんでもさいごのさいごに牧のこと押し倒してちゅーしようとしたはるたんがただの田中圭ちゃんになってしまってて、あわわわわわそれは出してはいけないやつーーー!!!ってテレビの前でもんどりうちました。あれははるたんじゃなかった、エロスの化身・田中圭だった。完。*1

*1:田中圭ちゃんが既婚者でほんとによかつたよーと初めておもった。