茶の間でおま。

本とかテレビとか宝塚とか。

1982年星組バウ公演「心中・恋の大和路」

スカステでオンエアされた再演を見ましたー。

一樹千尋さんがまさかの旧芸名・鯉のぼる名義でビックリしました(旧芸名とは)あと番頭さんが立ともみさんで再々演と同じで、お、とおもたらなんと初演も立ともみさんでまさかの初演再演再々演のグランドスラム達成!なんという偉業!すばらしい!与平さんの山城はるかさんは波音みちるさんに通じる涼やかな声でわたしのすきな声でした、とても耳福。*1八右衛門が峰さん、そして丁稚ズがハッチさんにシメさんでわたしの知ってる星組だあああ!!!ってめちゃめちゃ楽しかったです。丁稚ズかわいかったよ丁稚ズ。'14雪組版と比べて*2も受ける印象が同じで、これだけの長い時間を経たものが変わらずに上演されることはすばらしいことでこれぞ100年の歴史、受け継がれる伝統だとその貴重な映像に感謝感激です。ほんとに映像が出ない場面が何ヵ所かあって*3劇団が映像に残すことを重要視してこなかったことがもったいなくてしょうながいのですが、音声だけでもちゃんと残ったのは不幸中の幸い。かもん太夫降臨の場面でなぜかずっと峰さんアングルだったのめっちゃそわそわしたw

丁稚ズですが、まちくん三太のあの冗談みたいな「へーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーい」っていう返事が気になってしょうがなかったんですけど、めんたんの三太もそんなふざけた返事してなかったし、ハッチさんもそうだった。あの「へーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーい」はいったいなんだったのめっちゃ気になる。それから序盤にお金の催促に来る甚内さまがすきなんですけど、再々演の詩織さんは少し癇性っぽくて尖ったナイフみたいなんだけど、再演の吹雪さんはそのビジュアルともあいまってどこかコミカルだった。一番印象が違ったのが甚内さまだった。

夏に見る冬山の景色もまた乙でした。とてもだいすきな作品です。いつかまた再演されたらいいのになと願ってる。

*1:まちくんの声で聞きたい。いつか。言霊言霊。

*2:再々演がちょうダイジェスト映像しかないのでこれまで比較対象がなかった

*3:わたし的重要場面であった丁稚ズとおまんちゃんとの朝の掛け合い場面がほぼ真っ黒だったのは残念であった