茶の間でおま。

本とかテレビとか宝塚とか。

「ボクらの時代」佐藤健×高橋一生×川村元気

映画の話聞けるのかなーーっておもてたのにろくに映画の話をしないまま開始6分で映画の話はこれくらいにして本題に、って番組作ってる人から渡されたのであろう資料を取り出すたけるんめちゃめちゃおもしろすぎたけど真面目すぎておもしろかったですwwwビックリしましたwwwこれ映画の告知じゃないのwww潔すぎwwwwwww

昔だったら俳優の神秘性って(いうものが存在することを)言っててよかったとおもうけど、これだけ情報が発達してきてしまうと隠しようがないから諦めるしかない、逆に実験するほうにいってる、どう見られるかとか楽しんでる感じという言葉に震えました。わたしたち試されてる・・・!高橋一生くんに観察されてるモルモットなんですねわかります、ええ、その期待に応えられるようファンとしてどうあるべきかわたしも居住まいを正しますね・・・!こういうこと言うと喜ぶんだ、とか、こういうものを見せるとガッカリされるんだ、って彼の一挙一投足に一喜一憂するわたしたちを彼はどこかおもしろがってフーーンって眺めてるんですね・・・!これが震えられずにいますか。なんという、なんという、なんという恐ろしいひと・・・!たぶん、きっと、彼をめぐる環境の変化とかいろんな雑音とかそういうのにほとほとうんざりしてるんだろうなって。なんという皮肉。これはわりとけっこうショックでしたね・・・うん・・・そうだよね・・・うんざりだよね・・・やっぱりすみれコードってだいじなんですよ!!!!!(とつぜん

もうそういう時代じゃないっていうのはわかるし、わたしだってべつに知りたくなかったこととかも知ってしまってなんだかナーっておもうこともあるし、それはおたがいさまじゃん???このお互い(おたがい?)すっぱだかにされちゃう時代において、なにも知らずに無垢でいられることは果てしなく困難なことになってしまってることに、いささか憂うよね。わたしは憂う。距離感のもんだいかな。

たけるんが本音を引き出そうとして懸命な姿に胸打たれたんだけど、それをさらりとかわす余裕がほかのふたりにみられたのはやっぱり年の功かな。不器用なのはよくわかった。見た目のメジャーさと中身のマイナーさのコントラストがたけるんのおもしろさだっていう川村さんの言葉がひどくしっくりきた。天才か。

子役時代の話で、こどもだったからだから自分の人生と役の人生があいまいで「なんの気なしに」あいまいだった、つまりとても無意識にお芝居をしていたのだと話すのが興味深かった。自分の人生というものを自覚していない時にお芝居をするっていうのはそういうことなのかって。役を演じるのにエネルギーがいらない、というのは人生経験を積んでない人間としてまだ歴史の浅い人間だからこその言葉。なるほど。役にジャンプ、とは彼の口からよく聞くフレーズ。どんな台本をもらっても、役に対して恐怖する感覚がない、その恐怖回路がないって言われてたのは、きっと一種のサイコパスなんじゃないかなって。*1麻痺してるんじゃなくて、そういう感覚がない。なるほどそれが子役上がりの役者さんというものなのか。*2

あー、棒読みってよく言われたよなーー、それがすきなひとにはたまらんわけだけど、そうじゃないひとにはただの「棒読み」でそれだけで終わってしまうんだよね。もったいないよね。石田卓也くんもそうだった。あえてはずす(というか、わかりやすいお芝居をしない)ことに良さを見いだせないのはもったいないなとおもうし、それを楽しめるのは贅沢なことだなっておもう。

成功した後の人生をどう生きればいいのかわからない的な言葉もすこしショックだった。どこにゴールを設定すればいいのかわからないというのは役者という仕事において宿命みたいなものなんだろうか。誰に認められたらゴールになるんだろう。そこに向かうためのモチベーションをどう保つのか。好奇心はすべてに勝る、という言葉に、彼が多趣味でいろんな事柄に興味を持っている(持とうとしている)のはそういうことなのかなってその過酷さに目眩がしました。まさに生き様を見せてもらってる気がする。インプットするからこそアウトプットできるんだなって。

*1:もちろん反社会的な意味ではなく。

*2:この子役上がりって言葉はいやだね。