茶の間でおま。

本とかテレビとか宝塚とか。

星組台湾公演LIVE VIEWING「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀/Killer Rouge 星秀☆煌紅」

台湾公演のライビュを観てきましたー。

馴染みのない原作の舞台化、まったく予習せずに挑んだのですが、楽しかったです!っていうかいろいろビックリしましたwどう見たってちょうクールなビジュアルの凜雪鴉さまがまさかあんなキャラクタだったなんてあなたそんなwビックリ箱にもほどがあるwwwなんか必殺技とかがバンバン出てくるアクションものっていうイメージだったんだけど(歌劇公式の解説は斜め読みした)(カタカナも苦手だけど馴染みのない漢字も苦手・・・)まさかの凜雪鴉さまが天下の大泥棒でルパン三世怪盗キッドかといったアレで、いやはや、めちゃめちゃおもしろかったです。凜雪鴉さまビジュアル詐欺じゃね?????白いカラス。なるほど。雪のように白い鴉というわけですね。ビジュアルはほんとに最強だった。出てきた瞬間にふぁぁぁあああ・・・!ってなんにもしらないのに感極まったし、これぞトップさまという圧倒的なそのビジュアルの前にわれわれはひれ伏すしかなく、このきらびやかなお衣装と鬘とお化粧とそして手にするあの繊細な細工の煙管と、まさに夢の世界だなとタカラヅカの持つパワーにすげーー!!ってひたすら感服いたしました。すげー。しかしそれも凜雪鴉さまがしゃべり出すまでであった。短い命であった。・・・あれ?おもてたんとちがう??あれれ???こんなに笑うやつだとはおもいもせなんだ。めっちゃ笑った。なにがっておもに七海さんとの掛け合いです。っていうか七海さんがめちゃめちゃさいこうにすばらしくかっこよかったです!!!!きゃーーーー殤不患さまああああ!!!!ベニーさんがトップさまらしくキラキラのお衣装でこれでもかと華を見せつけてくるのに対し、七海さんの落ち着いた佇まいはどこまでも優しくてそして安心感にあふれてた。なにあれ。あんな七海さんはじめてみたんだけど。なにあれかっこいいーーー!!!!!!!わたしのなかの七海さんの最高を更新しまくった。むしろ新しい七海さんだった。初めて見る七海さんだった。なにあれ。ズルくない?役もよかったし、七海さんもよかったし、わりといいところはぜんぶ殤不患さまがもってっちゃうしほんとにこれはすばらしい七海さんだった。いいもの見た。あーちゃんは可愛い。可愛いアンド可愛い。そして可愛い。くちびるの色が薄めだったのも新鮮だった。こっちゃんが一目惚れするのも無理はない。若さでつっぱしるこっちゃんを見てあちゃーってなってる七海さんさいこうだった。あと凜雪鴉さまと入れ替わってそのフリをするところとかもさいこうだった。あいつころす、って言う殤不患さまさいこうだった。これはわかる。わかるよ。声に出して言ってみたいセリフがたくさんあったんだけど、いかんせん手元に資料がなにひとつなくて(終演後に買おうとおもってたパンフレットやルサンクが売り切れてて買えませんでした!がっでむ)もどかしいおもいしかないんですけど、GYAOで原作一話目見たらわりとまんまのセリフが多くてひゃ~~ってなりました。これはわかる。わかるで。凜雪鴉さまが盗みをはたらくその動機があんまりにもあんまりで凜雪鴉さまの闇の深さに戦慄しました。能天気な大泥棒なんかじゃない。ただの暇つぶしにこれだけのことをするそのエネルギの無駄遣いがまさに神々の遊びといったふうで、神のたわむれに付きあわされるほうはたまったもんじゃないけど、それでも凜雪鴉さまならしょうがないかとおもわせるその憎めなさがさすがのベニーさんでした。手のひらで踊らされるもまたたのし。殤不患さまはもうお地蔵様の傘を取っていったりはしないだろうけど。ゆっこちあんは愛ちゃんさんを彷彿させるたたずまいであった。隣にポコちゃんがいないことに愕然としたけど、ほんとうの喪失感は次の大劇場公演かな。ぜひ観に行きたいです。

ショーのほうは、これわたしアナワで見たかったやつーーーー!!って最初からテンションぶち上りまくりでした。いやほらまだ贔屓の退団公演の後遺症というか、ほとぼりがさめてないんすわ。*1なんせ手元に資料がないものでめちゃめちゃもどかしいんですけど、ぴーすけぴーはいつのまにか大人になったね!?オトコになったね!?というのが感想です。わたしトップさまと二番手さんがふたりで踊る場面*2というのがだいすきなんですけど、ベニーさんとこっちゃんが白いお衣装で踊ってた場面の後ろで歌ってたのって誰?ぴーすけぴーじゃなかった?歌ウマの娘役さんがおもいつかなかったんだけど、エトワール見ておもいだした、そういえば星組さんにはいっちゃんという歌ウマ娘役さんが爆誕したのであった。あれはいっちゃんだった?飛翔的な場面でもぴーすけぴーがソロで歌うしさ、あとこっちゃんとあーちゃんと三人のロックな場面とかあったしさ、やだもうぴーすけぴーったらやだもう;;っておもに泣いてました。わたしぴーすけぴーが星組さんのトップさんになるのをとっても楽しみにしてるから。お披露目公演はぜったいみにいくからね(気が早い)星組さんは歌が弱いというイメージだったんだけど(すまみせん)それを払拭するかのような歌をたくさん聞かせてもらえました。一番は天寿さんです。天寿さんの歌はどれもこれも力強くてとても心にひびいてきました。今まであまり歌を歌われてた印象がなくて、きっとそういうことなんだろうけど、星組さん、とてもいいね??こっちゃんは言うまでもなく。っていうかわたしこっちゃんのヒデキー!の場面をとっても楽しみにしてたんですけど、それがなくなっててショックでした・・・わたしもヒデキー!って言いたかった・・・ざんねん・・・あとはもう紅子さんですよね。っていうか紅子さんですよね。めちゃめちゃ尺取ってましたよね!?星小路紅子42歳という設定にw42歳wwwちょwまってwわたしおないどしwwwwっておなかかかえてわらいましたwwwwwww客席にダメ出しする紅子さんの姿に、これわたし知ってる見たことあるやつ・・・*3ってふるえましたわらいすぎて。すきなのはしょうがないです!だってすきなんだもん!!!愛子ちゃんも礼子ちゃんもほんとにえらいね。えらい。泣けてくるわ・・・時間押して怒られるやつやん~~っておもったけど、台湾の劇場さんはゆるしてくれるのかな、だいぶ公演時間が伸びてたみたいだけど、それもやっぱり見たことあるやつ~~~*4ってなきましたわらいすぎて。そういえばラインダンスの最後に最下手にいらしたのはどなたかしら、めちゃめちゃ足が長かった!下級生であろうに、足が細かった!!いかんせん手元に資料がないので(以下略 →孔雅といろくんらしいで。

f:id:piroco165:20181028230853j:plainf:id:piroco165:20181028230928j:plain

 

 

gyao.yahoo.co.jp

*1:しばらくはね、おとなしくしてないとね、だめなんですよ。今年中にはまた大劇場行けるかな。行けたらいいなあ。なんとしてでも行くぞというきもちになれることがだいじですよね。

*2:トップさまの二番手さんへの信頼と二番手さんのトップさんへの敬愛のおもいがあふれていて、とても美しいタカラヅカらしい場面だとおもってる。

*3:某まさおちゃん。

*4:某まさおちゃん。