茶の間でおま。

本とかテレビとかすきなものたち。

鈴木亮平

2022年12月号

月村了衛「十三夜の焔」(100)鬼平は出てくるわ遠山の金さんはでてくるわで時代劇スキーにはなかなかおもしろかったです。吉宗の名前もチラリと出てたし。終盤明らかになるまで長谷川平蔵が悪の位置にいたのがもどかしかったんだけど、やっぱり長谷川さまは…

2022年8月号

・読んだ本 辻真先「馬鹿みたいな話!」(76)「たかが殺人じゃないか」の続編と知らずに読みましたがまあ問題はなかったです。っていうか「たかが殺人じゃないか」の前にも一作あったとか全然知らなくてwシリーズ三部作の完結編という位置付けにのけぞりま…

2022年7月号

・読んだ本 伊坂幸太郎「マイクロスパイ・アンサンブル」(65)なんだか物足りないなーとおもたのはイベント企画ありきの作品だからかなっていうのは後付けですかね。 宇佐見りん「くるまの娘」(66)なかなかしんどい読書体験だったけど、終盤の父親のアル…

COCOON PRODUCTION 2022「広島ジャンゴ 2022」

天海祐希・鈴木亮平W主演の舞台を観てきましたー。 初めての街に初めての劇場に初めてのお芝居。久しぶりの現場はとっても楽しかったです。 鈴木亮平くんが動機だったんだけど、まさかの馬役(馬役)でびっくりした。いや、馬て。でも馬だった。すごいな馬。…

2022年1月号

・読んだ本 真保裕一「真・慶安太平記」(1)作家生活30年記念書き下ろし。歴史ミステリーというとよねぽんの「黒牢城」が記憶に新しいけど、いかんせん日本史に疎すぎてなにひとつピンとこないの真保さんにもうしわけない...慶安太平記という言葉すら寡聞…

2021年12月号

・読んだ本 今年はいっぱい本が読めましたー。久々の100冊越え。ミステリランキングも発表されて今年はよねぽんの「黒牢城」イヤーとなりましたね!直木賞の発表も楽しみです。 森博嗣「歌の終わりは海」(95)久しぶりにその世界を堪能しました。懐かしい。…

2021年10月号

・読んだ本 酒むらゆっけ、「酒に溺れた人魚姫、海の仲間を食い散らかす」(81)そうかゆっけちゃんは吉牛でそんな妄想をするのかーっておもってによによしました。たのしかったです。 宇佐美まこと「黒鳥の湖」(82) 西條奈加「婿どの相逢席」(83)男が仕…

2021年9月号

・読んだ本 「鈴木亮平の中学英語で世界一周」(70)わたし、典型的な読み書きは出来るけどコミュニケーションが一切取れないという「英語が苦手な日本人」なので、まさに彼の言うとおりすぎてがくがく頷きながら読みました。特に、単語が出てこなくても簡単…

「孤狼の血 LEVEL2」(3回目)

まさかの3回目ですw いやーわたしもまさか3回も見ることになるなんてちょっと何を言ってるのかよくわからないですねーって感じなんだけど、まあ3回目なんでね、役者さん以外にも目を向ける余裕があったわけで、上林くんの寝室にベンチプレスがあるのめちゃ…

鈴木亮平全部見る祭

・8月に見た分 「羊と鋼の森」(2018年)35歳今やってるドラマ「TOKYOMER」で元夫婦役の仲里依紗ちゃんと結婚式を挙げるシーンがあってひっくり返りました\(^o^)/紋付袴の似合うこと。光沢のあるウェディングスーツの似合うこと。なんてことのないシンプル…

「孤狼の血 LEVEL2」(2回目)

二回目観てきましたー。 二回目なのでどこが自分的アウトグロシーンなのかわかってるので、初見時よりもスクリーンを直視できる時間が増えてよかったです。あとどこでグロがくるのかわかってるので、心の準備も出来るしめちゃくちゃメンタル的に余裕があった…

2021年8月号

・読んだ本 万城目学「ヒトコブラクダ層ぜっと」上・下(61)(62)壮大なホラ話たのしかったー。タイトルロールの存在が明らかになったときめちゃくちゃわらったwあとこれはわたしの嫌いなキャンキャン吠えるだけの女子キャラかと思われた銀亀三尉の自衛官…

「孤狼の血 LEVEL2」

舞台挨拶中継の回を観ましたー。 グロが無理で暴力反対絶対反対なわたしがこの映画を見ようと思ったのは鈴木亮平くんが動機だったわけですが、まさかあの喜多見チーフの中の人がこんなふうにこんなだなんて聞いてはいたけどやっぱり受けるダメージが尋常なく…