茶の間でおま。

本とかテレビとかすきなものたち。

drama

2022年12月号

月村了衛「十三夜の焔」(100)鬼平は出てくるわ遠山の金さんはでてくるわで時代劇スキーにはなかなかおもしろかったです。吉宗の名前もチラリと出てたし。終盤明らかになるまで長谷川平蔵が悪の位置にいたのがもどかしかったんだけど、やっぱり長谷川さまは…

2022年11月号

市川憂人「灰かぶりの夕海」(95)まんまとミスリードに騙された!くやしい!!マスクが外せなくて医療現場が破綻してるご時世とかそんなのコロナの世界だとおもうじゃないですか...そんなまさか富士山が噴火してそして収束してない世界だなんて思いもしない…

2022年10月号

・読んだ本 坂上泉「渚の螢火」(89)「インビジブル」に通じる今は存在しない昭和の時代の警察機構の話で、「インビジブル」と同様に設定を理解するのに時間がかかったんだけど、チームがチームとして機能し始めたころからは一気読み。誰が警察内のスパイな…

2022年9月号

・観た映画 「ブレット・トレイン」ブラピの新作映画観ましたー。なんでR15なのかなとかおもたらわりと死ぬシーンがグロくて、あ、そっちのR指定ね...ってなったんだけど、理由がエロなのかグロなのか書いといてほしい...グロ苦手なので...トンチキニッポン…

2022年8月号

・読んだ本 辻真先「馬鹿みたいな話!」(76)「たかが殺人じゃないか」の続編と知らずに読みましたがまあ問題はなかったです。っていうか「たかが殺人じゃないか」の前にも一作あったとか全然知らなくてwシリーズ三部作の完結編という位置付けにのけぞりま…

2022年6月号

・読んだ本 一穂ミチ「パラソルでパラシュート」(54)とてもよかった。あからさまな惚れた腫れたじゃない人間関係がすごくいい。*1それがいい。大阪のわたしにもわかる地名がバンバン出てくるのもうれしい。阪急茨木駅が個人的にツボです。ああ西宮北口もい…

2022年5月号

・読んだ本 西加奈子「夜が明ける」(45)もしかしたら初読み作家さん?2022年本屋大賞6位作品。父親の不在が浮かび上がってくる。すべては父親が悪いのでは??こどもは母親だけでは生まれないというのに。弱い人間でも、それを補い合って助け合ってなんと…

2022年4月号

・読んだ本 桃野雑派「老虎残夢」(32)第六十七回江戸川乱歩賞を受賞作にしてデビュー作。百合部分は好みではなかったけど(未成年の百合には心惹かれないので)閉ざされた山荘での密室殺人という設定で、足跡をつけることのない能力を持った人が出てくるの…

2022年3月号

・読んだ本 ピエール・シニアック「ウサギ料理は殺しの味」(18)よねぽんおすすめのフレンチミステリ読みました。なんせカタカナが苦手なので、軽く1ダースは越える重要な登場人物の名前になかなか馴染めなくて苦労した。フランス人の名前ムズカシイ...でも…

2021年12月号

・読んだ本 今年はいっぱい本が読めましたー。久々の100冊越え。ミステリランキングも発表されて今年はよねぽんの「黒牢城」イヤーとなりましたね!直木賞の発表も楽しみです。 森博嗣「歌の終わりは海」(95)久しぶりにその世界を堪能しました。懐かしい。…

2021年11月号

・読んだ本 貫井徳郎「邯鄲の島遥かなり」上・中・下(89)(90)(91)昭和史は苦手なんだよなあと思いながら読んだけどさすがの貫井さんでしたとってもおもしろかった。雪の降る日にたくさんの人が死ぬというくだりが昭和11年2月26日という記述でハッとな…

2021年10月号

・読んだ本 酒むらゆっけ、「酒に溺れた人魚姫、海の仲間を食い散らかす」(81)そうかゆっけちゃんは吉牛でそんな妄想をするのかーっておもってによによしました。たのしかったです。 宇佐美まこと「黒鳥の湖」(82) 西條奈加「婿どの相逢席」(83)男が仕…

2021年9月号

・読んだ本 「鈴木亮平の中学英語で世界一周」(70)わたし、典型的な読み書きは出来るけどコミュニケーションが一切取れないという「英語が苦手な日本人」なので、まさに彼の言うとおりすぎてがくがく頷きながら読みました。特に、単語が出てこなくても簡単…

鈴木亮平全部見る祭

・8月に見た分 「羊と鋼の森」(2018年)35歳今やってるドラマ「TOKYOMER」で元夫婦役の仲里依紗ちゃんと結婚式を挙げるシーンがあってひっくり返りました\(^o^)/紋付袴の似合うこと。光沢のあるウェディングスーツの似合うこと。なんてことのないシンプル…

2021年3月号

柳広司「アンブレイカブル」(20)同調圧力に屈さなかったアンブレイカブルな人たち。歴史は繰り返すという恐怖。周囲の目に晒され、すぐに密告されてしまう状況は今とそんなに変わらない。 米澤穂信「ボトルネック」(再)(21)ぃゎゃのおすすめ本第一弾*1…

2020年12月号

・読んだ本 ミステリランキングを読もうキャンペーン。 辻真先「たかが殺人じゃないか」(57)早ミス、文春、このミス三冠に納得の作品でした!本ミス4位。 芦辺拓「鶴屋南北の殺人」(58)早ミス8位、このミス20位、本ミス8位。難解であった・・・ 五十嵐律人…

「6 from HiGH&LOW THE WORST」#5

5話見たよー。 まさか序盤に出てきた関組のウサギのお面(三代目さんかなんかのPVに出てきてた小道具だって聞きましたが)の伏線がここで回収されるとはおもいませんでした!敵ボス(しょぼい)がオロチ兄のこと知っててビビりまくってるのに雑魚キャラども…

「6 from HiGH&LOW THE WORST」#4

4話見たよー。 のっけからつかぴの本妻っぷりがパなくてわらいましたwwwおはよーってゴキゲンなふじおちゃん(半袖)(その下はタンクトップ)に肩抱かれてやれやれ顔なつかぴまじ本妻。本妻の余裕すげー。結局このおとこは自分のところに戻ってくるって…

「6 from HiGH&LOW THE WORST」#3

3話見たよー。 誠司が入院してる病院がかつて鳳仙が入院してた病院と全然違ってめちゃくちゃふつうで、あれ、ここってSWORDの世界だよね???って混乱した。ザワしか知らないのでハイローコンプライアンスよくわかんないんだけど、ザワでも救急車っていうフ…

「6 from HiGH&LOW THE WORST」#2

2話見たよー。 追いかけられてる自転車乗ってるふじおちゃんひさしぶりーー!お弁当ふたつも作ってるドカまじエラい・・・その炊飯器は一升炊きですか・・・?わたし最近念願の新しい炊飯器を買ったんだけど、ちょっと迷って3合炊きにしたんだよね、どうでもいいけ…

「6 from HiGH&LOW THE WORST」#1

待ちに待ってたザワ6ドラマの初回、張り切って見ましたーーー! このためにHuluに入りました。地上波オンエアないのはもうあきらめてたので(あきらめることには慣れてるの)なんとか見られないものかとおもてたらHuluが配信ってことで欣喜雀躍して登録ボタ…

2020年8月号

・読んだ本 夏休みだったのでいっぱい読めた! 長岡弘樹「緋色の残響」(30) 大門剛明「不協和音2」(31) 湊かなえ「カケラ」(32) 柚月裕子「慈雨」(33) 近藤史恵「夜の向こうの蛹たち」(34) 是枝裕和「万引き家族」(35) 柴田よしき「青光の街」(…

2020年6月号・7月号

・読んだ本 大門剛明「不協和音 京都、刑事と検事の事件手帳」(22) なんで京都が舞台なのかはよくわかんなかったしさらにそれをなんでドラマでは東京にしたのかもわかんないけど、京都だと知ってる地名しか出てこないのでそういう意味では楽しかったです。…

2020年4月号

・読んだ本 近藤史恵「歌舞伎座の怪紳士」(14) 村田沙耶香「丸の内魔法少女ミラクリーナ」(15) めちゃくちゃおもしろかったー!表題作でゲラゲラ大笑いしたとおもたら続く2編でさいこうにモヤモヤするものを抱えさせられ、そして最終編でうすら寒い想い…

2020年2月・3月号

・読んだ本 方丈貴恵「時空旅行者の砂時計」(5) 西澤保彦「逢魔が刻」腕抜探偵リブート(6) 髙村薫「我らが少女A」(7) 小川哲「嘘と正典」(8) 葉真中顕「W県警の悲劇」(9) 葉真中顕「Blue」(10) 若竹七海「悪いうさぎ」再(11) 長岡弘樹「風間教…

2020年1月号

・読んだ本 長浦京「マーダーズ」(1) 青柳碧人「むかしむかしあるところに死体がありました。」(2) 青崎有吾「ノッキンオン・ロックドドア2」(3) 又吉直樹「人間」(4) 2019年のミステリランキング本を読もうキャンペーン続行中。又吉せんせいの作品…

2019年12月号

・「カリギュラ」 あっちゃんが出演してる菅田将暉くん主演の舞台を観てきましたー。久しぶりの歌ったり踊ったりしないお芝居はとても消耗が激しくてひどく疲弊しました。でも緊張感のある空間にしびれた。膨大なセリフの一言一句を逃すまじと集中した。演じ…

2019年9月号

・「引っ越し大名!」 めちゃくちゃだいすきな高橋一生くんでしたー!ここのところちょっとわたしが報われな感じが続いてて、この需要と供給がかみ合わない感じ、すきなんだけどなあ、そうじゃないんだよなああああってわりと長い間悶々としてたような気がし…

「ストリベリーナイト・サーガ」

亀ちゃんの菊田がさいこうにすばらしかったです。好きなのにでも想いは受け取ってもらえなくて、おまえにはわたしのことなんてわからないって言われて、それでたぶんとても絶望したのだとおもう。牧田にあって自分にはないもの。その答えを彼は心の底から欲…

「俺のスカート、どこ行った?」

キンプリは平野くんの圧倒的センターっぷりを誇るグループだとおもっていたのですがいやいやまだまだ逸材がおりますがな!!!!って突如彗星のごとくわたしの前に躍り出てきたのが永瀬くんです、ええ、ロングではなくエターナルな方のながせくんです。 そん…